旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園 きゅうひこねはんまつばらしもやしき おはまごてん ていえん スポット

滋賀県 庭園・植物園・ハーブ園
ちょっと立ち寄り キッズおすすめ 女子おすすめ 秋におすすめ

彦根城の北方、別名「お浜御殿」と呼ばれる「旧彦根藩松原下屋敷」は、彦根藩11代当主井伊直中[なおなか]によって文化7年(1810)頃に琵琶湖畔に造営された下屋敷。廃藩置県後も井伊家の別邸となっていた。総敷地面積約2万平方m。現在は国の名勝に指定されており、優れた造園技術を駆使した江戸時代を代表する大名庭園は敷地半分を占める。琵琶湖の水位変化に応じて満ち引きする池は、日本唯一の淡水を利用した汐入形式。西側は洲浜[すはま]が穏やかに広がり、東側には築山が折り重なる深遠な趣となっている。

基本情報

住所 滋賀県彦根市松原町515
TEL 0749-26-5833(彦根市文化財課)
営業時間 秋の公開期間は9~16時(入園は~15時30分)
定休日 春・秋のみ期間限定公開
料金 無料
アクセス 公共交通:JR彦根駅→近江鉄道バス彦根市立病院線(近江高校経由)で10分、バス停:視覚障害者センター下車、徒歩5分
車:名神高速彦根ICから県道518・517号経由15分
駐車場 あり/80台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ