梅宮大社 うめのみやたいしゃ

桂川の東岸にある。橘氏の氏神として綴喜郡井手町[つづきぐんいでちょう]に祭られたものを、檀林[だんりん]皇后橘嘉智子が現在の地に移し、皇子の誕生を祈願したところ、のちの仁明天皇を懐妊したという。以来子授・安産の神として尊ばれ、本殿東のまたげ石をまたいだり、産土を受ける風習がある。春は淡いピンクのヤエザクラを中心とした桜が、庭園を美しく彩る。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 4月中旬~下旬
本数 100本
桜の種類 ヤエザクラ、オオテマリ、ショウゲツ、オオチョウチン、フゲンゾウ、イチヨウ、ウコン
桜祭り あり/桜祭(雅楽祭)/2020年4月19日(日)
夜桜・ライトアップ なし
所在地 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
営業・拝観時間 9~17時(入苑受付は~16時30分)
問合先 075-861-2730
料金 大人600円、小人400円
定休日 無休
交通 交通情報:京都駅→市バス28系統で30分、バス停:梅宮大社前下車、徒歩3分/車:名神高速京都南ICから国道1・171号経由12km30分
駐車場 あり/20台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

梅宮大社

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

  • 京 翠嵐

    京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

  • NOVECCHIO

    京都市中京区西ノ京南円町101 2F

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください