神護寺 じんごじ

開基は和気清麻呂。のちに唐から帰朝した空海も住持を務めた。その後荒廃したが、平安末期に文覚上人[もんがくしょうにん]が後白河法皇、源頼朝の寄進を受け復興させた。仏教美術の宝庫として知られ、金堂の本尊薬師如来立像(国宝)は、唇と眼だけに彩色を施した、厳しい表情の榧の一木造で、貞観時代の密教彫刻の傑作。多宝塔の本尊五大虚空蔵菩薩坐像(国宝)は、乾漆で全身彩色され女性的な優しさを漂わせる。地蔵院前庭からは眼下の錦雲渓に向け、かわらけ投げを楽しめる。少し早い時期の紅葉を見るのもよい。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月上旬~下旬
主な樹種 カエデ、イロハモミジなど
標高 300m
おすすめ鑑賞法 京都市内では早くから紅葉が始まる寺
所在地 京都府京都市右京区梅ケ畑高雄町5
問合先 075-861-1769
料金 拝観大人600円、小学生300円
時間 9~16時
休み 無休
交通 交通情報:京都駅烏丸中央口→JRバス栂ノ尾・周山行きで47分、バス停:山城高雄下車、徒歩20分/車:名神高速京都南ICから国道1号経由17km1時間
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

神護寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

  • Banja

    京都府京都市右京区京北下熊田町杉ノ谷31

  • 五右衛門

    京都府京都市右京区京北下熊田町泓ケ2

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

  • 京 翠嵐

    京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

  • NOVECCHIO

    京都市中京区西ノ京南円町101 2F

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください