勝持寺 しょうじじ

役行者が開き、最澄が再興したが、仁寿2年(852)に勝持寺と改名したと伝える。西行がここで庵を結び1株の桜を植えて吟愛したことから、この桜を「西行桜」と呼び、以後「花の寺」と親しまれるようになった。春は境内が桜でおおわれる。本尊に薬師如来像(重要文化財)を祭り、近年まで預かっていた如意輪観音半跏像(国宝)は、東隣の願徳寺(料金:300円、2月のみ要予約)で拝観できる。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 4月上旬
本数 約100本
桜の種類 ソメイヨシノほか
夜桜・ライトアップ なし
所在地 京都府京都市西京区大原野南春日町1194
営業・拝観時間 9時30分~16時
問合先 075-331-0601
料金 拝観料:大人400円、中・高校生300円、小人200円
定休日 2月
交通 交通情報:東向日駅→阪急バス南春日町行きで20分、終点下車、徒歩20分/車:京都縦貫道大原野IC(ハーフインター)5分
駐車場 あり/20台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

勝持寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

  • 京 翠嵐

    京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

  • NOVECCHIO

    京都市中京区西ノ京南円町101 2F

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください