毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

姫路城(白鷺城) ひめじじょう(はくろじょう) 白鷺城 はくろじょう 観光スポット

兵庫県 歴史的建造物/花見スポット
女子おすすめ 春におすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

平成5年(1993)、法隆寺とともに日本初の世界文化遺産に登録された、日本を代表する名城。白鷺が羽を広げて舞っているように見えることから、白鷺城の別名がある。羽柴秀吉が中国毛利攻めの拠点として築いた3重の天守を、関ケ原の合戦後に入城した池田輝政が慶長6年(1601)から歳月を費やし改築。5重7階の大天守と3つの小天守を渡櫓で結んだ独特の連立式天守(国宝)は、石垣や白漆喰総塗籠造の外観とともによく保存されている。櫓・門など、城内74棟の建物が重要文化財。美しい造形の中に、敵の侵入を防ぎ攪乱する仕組みを潜ませているのも興味深い。日没後はライトアップする。

基本情報

住所 兵庫県姫路市本町68
TEL 079-285-1146(姫路城管理事務所)
営業時間 営業時間:9~16時(閉門は17時)、4月27日~8月31日は~17時(閉門は18時)
定休日 定休日:12月29~30日
料金 料金:入城18歳以上1000円、小・中・高校生300円
アクセス アクセス(公共交通):JR姫路駅→徒歩20分。または山陽電鉄山陽姫路駅→徒歩20分。または路線バス・ループバスなどで5分、バス停:姫路城大手門前下車、徒歩すぐ
アクセス(車):播但連絡道路花田ICから15分。または姫路バイパス中地ICから15分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 文化財(観光):世界遺産(構成資産含む)・国宝(建造物)・重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

姫路城(白鷺城)

一緒に訪れたいスポット

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ