毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

談山神社 たんざんじんじゃ 観光スポット

奈良県 社寺・教会
キッズおすすめ 女子おすすめ ペットおすすめ 春におすすめ 秋におすすめ 歴史好きおすすめ

明治初めに神仏判然令が出るまでは妙楽寺と一体だった。藤原鎌足の遺骨を摂津国阿威山からこの地に改葬し、長男定慧が木造十三重塔(重要文化財)を建てたのに始まり、弟の不比等が神殿を建て父の像を安置したと伝わる。鎌足と中大兄皇子が大化改新の相談をした談[かたら]い山から社名が生まれた。多武峰の山中に楼門(重要文化財)、本殿(重要文化財)、権殿(重要文化財)など朱塗りの社殿が立ち並び、鎌足像を祭る漆塗極彩色、三間社春日造の本殿は、日光東照宮の手本になったという。室町再建の塔は高さ17mで、木造十三重の古塔としては現存唯一の遺構。

基本情報

住所 奈良県桜井市多武峰319
TEL 0744-49-0001
営業時間 営業時間:8時30分~16時30分
定休日 定休日:無休
料金 料金:拝観:大人600円、小学生300円、未就学児無料
アクセス アクセス(公共交通):近鉄桜井駅・JR桜井駅→コミュニティバス談山神社行きで24分、バス停:談山神社下車、徒歩5分
アクセス(車):西名阪道天理ICから国道169号、県道37号経由19km50分
駐車場 あり ( 300台  無料 )
開業 開業:678年
文化財情報(観光) 文化財(観光):重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

談山神社

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ