毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

當麻寺 たいまでら 観光スポット

奈良県 社寺・教会
キッズおすすめ 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

推古20年(612)、聖徳太子の弟、麻呂子親王が河内に創建し、のちに豪族当麻氏が氏寺としてこの地に移築したと伝えられる。曼荼羅堂[まんだらどう]とも呼ばれる本堂(国宝)の本尊は、中将姫が西方浄土を蓮糸で織り描いたと伝わる當麻曼荼羅(国宝)。中将姫が織り上げた根本曼荼羅は宝蔵に保管され、室町時代に模写した文亀曼荼羅を祭っている。金堂には日本最古の塑像で、漆に金箔を押した弥勒仏坐像(国宝)と、乾漆四天王像(重要文化財)を安置。講堂には藤原時代の諸仏が多い。シンボルとしてそびえる三重塔は、東塔、西塔が創建時のまま揃う。ボタンも名高く、4月中~下旬が見ごろ。

基本情報

住所 奈良県葛城市當麻1263
TEL 0745-48-2001(中之坊/※各塔頭は要問合せ)
営業時間 営業時間:9~17時
定休日 定休日:無休
料金 料金:境内自由。本堂・金堂・講堂拝観500円、中之坊(庭園、書院、茶室、霊宝館、ぼたん園)500円、各塔頭は別料金
アクセス アクセス(公共交通):近鉄当麻寺駅→徒歩15分
アクセス(車):南阪奈道路葛城ICから国道165号経由2km10分
駐車場 あり/10台/500円
文化財情報(観光) 文化財(観光):国宝(建造物)・重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

當麻寺

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ