吉野山の桜 よしのやまのさくら

7世紀後期に役行者[えんのぎょうじゃ]が山上に金峯山寺[きんぷせんじ]を開き、蔵王権現の姿をヤマザクラの木をもって刻んだことに始まり、信者たちの寄進してきた桜の苗木が吉野山を埋めている。吉野神宮およびロープウェイ周辺を下千本、如意輪寺付近を中千本、吉野水分[よしのみくまり]神社付近を上千本、そしてさらに奥にある西行庵一帯を奥千本と呼び、下・中・上・奥千本と約3週間に渡って約3万本の桜の花が次々に咲く。大峯山脈の北端、南北に続く約8kmの尾根一帯が全山薄紅色に霞む。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 4月上旬~下旬
本数 約3万本
桜の種類 シロヤマザクラほか
桜祭り あり/桜まつり/2020年3月28日(土)~4月26日(日)
夜桜・ライトアップ あり/2020年3月28日(土)~4月26日(日)※桜の開花状況により実施のため変更の可能性あり/18~22時
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山
問合先 0746-34-2522/吉野ビジターズビューロー
料金 無料
交通 交通情報:吉野駅→徒歩20分。または徒歩3分の千本口駅からロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩すぐ(吉野山)/車:西名阪道郡山ICから国道169号経由1時間。または南阪奈道路葛城ICから国道169号経由40分
駐車場 あり/500台/観桜期のみ有料、1台1500円※特定日はパークアンドバスライドを実施(要問合せ)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

吉野山の桜

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください