金剛峯寺 こんごうぶじ スポット

和歌山県 社寺・教会
女子おすすめ

全国3600カ寺に及ぶ高野山真言宗の総本山。1年交代で弘法大師のお手代わりを勤める検校法印の就任式や法印転衣式などの重要な行事が執り行われる。金剛峯寺の名称はもとは高野山一山の総称で、ここは青巌寺とよばれていた。文禄2年(1593)、秀吉が亡母の菩提寺として建立、文久3年(1863)に再建された。明治になり寺号を金剛峯寺と改め総本山が置かれた。檜皮葺の大屋根をもち、東西54m、南北63mの大主殿をはじめ、別殿、奥殿、経蔵、鐘楼などが並ぶ。大主殿の襖絵は狩野派や雲谷派の作。雲海の中で一対の岩の龍が奥殿を囲む蟠龍庭は2340平方mの石庭。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 和歌山県伊都郡高野町高野山132
TEL 0736-56-2011
営業時間 8時30分~17時(行事の時は拝観制限あり)
定休日 無休
料金 拝観500円
アクセス 公共交通:高野山ケーブル高野山駅→南海りんかんバス奥の院行きで12分、バス停:千手院橋東下車、徒歩5分。または大門行きで11分、バス停:金剛峯寺前下車、徒歩すぐ
車:京奈和道かつらぎ西ICから国道480号経由27km50分。または京奈和道紀北かつらぎICから40分
駐車場 あり/80台/金剛峯寺前駐車場40台、第2駐車場 40台
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)・重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

金剛峯寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

  • 西南院

    和歌山県伊都郡高野町大字高野山249

  • 総持院

    和歌山県伊都郡高野町高野山143

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください