眼鏡橋 めがねばし スポット

長崎県 歴史的建造物
女子おすすめ ペットおすすめ 歴史好きおすすめ

寛永11年(1634)、唐僧・黙子如定[もくすにょじょう]によって架設。中島川石橋群の中では唯一の双円アーチ型で、水に映った姿が眼鏡のように見えるためこの名が付いている。眼鏡橋のビューポイントは2つ隣の東新橋。アーチが高いので、眼鏡橋を正面から見下ろす角度で見ることができる。橋の向こうに夕日が沈む景色は一見の価値あり。河畔は中島川公園として整備され、枝垂れ柳が風情を感じさせる。川沿いに遊歩道もあるので、ゆっくりと散歩をしてみよう。夜22時までライトアップを実施。長崎の観光名所として人気が高い。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県長崎市魚の町
TEL 095-822-8888(長崎市コールセンター)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:長崎電気軌道(路面電車)市民会館電停→徒歩5分
車:長崎道長崎ICからながさき出島道路経由5km10分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

眼鏡橋

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください