平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元) ひらどおらんだしょうかん せんろっぴゃくさんじゅうきゅうねんちくぞうそうこ ふくげん スポット

長崎県 遺跡・史跡・城址/歴史的建造物
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

慶長14年(1609)5月にオランダ商船が初めて平戸に入港。当時の藩主松浦隆信は、これを歓迎し日本で初めて商館建設の許可を与えた。慶長16年(1611)に住居と倉庫を新築、元和2年(1616)さらに倉庫と防波堤(常燈の鼻)を築き、元和4年(1618)の大増築で長さ30m・高さ2mのオランダ塀が築かれた。これは商館内部を見られないためのものだったという。今もオランダ塀、オランダ井戸、民家とオランダ倉庫の境界線の壁、オランダ埠頭、常燈の鼻が現存している。外観や構造はオランダ、屋根など一部日本建築の技術を駆使して倉庫を再現している。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県平戸市大久保町2477
TEL 0950-26-0636(平戸オランダ商館)
営業時間 平戸オランダ商館は8時30分~17時30分
定休日 平戸オランダ商館は無休(6月第3週の火~木曜は休業)
料金 見学自由、平戸オランダ商館は入館料大人310円
アクセス 公共交通:JR佐世保駅から徒歩2分の佐世保バスセンター→西肥バス平戸桟橋行きで1時間25分、終点下車、徒歩3分
車:西九州道佐々ICから国道204・383号経由35km40分
駐車場 なし/平戸港交流広場駐車場を利用、徒歩3分

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元)

平戸島のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください