カトリック紐差教会 かとりっくひもさしきょうかい スポット

長崎県 社寺・教会
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ

平戸島のほぼ中央に位置し、紐差港を望む小高い丘に立つ白亜のカトリック教会。現在の聖堂は昭和4年(1929)に竣工したもの。教会堂建築で知られる鉄川與助の設計施工で、ロマネスク様式の鉄筋コンクリート造り2階建ての大きな聖堂だ。礼拝堂内部は、赤い絨毯に白い柱が映え、與助の設計の特徴である花柄の飾り模様も見られる。美しいステンドグラス越しに差し込む光やパイプオルガンなどが、堂内に荘厳な雰囲気を醸し出している。2021年6月現在、拝観は外観見学のみ。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県平戸市紐差町1039
TEL 0950-22-9140(平戸市観光課)
営業時間 8~15時(ミサや冠婚葬祭時は拝観不可の場合あり)
定休日 不定休
料金 拝観無料
アクセス 公共交通:JR佐世保駅から徒歩2分の佐世保バスセンター→西肥バス平戸桟橋行きで1時間32分、終点下車、同バス紐差・志々伎・宮の浦行きに乗り換え35分、バス停:紐差下車、徒歩3分。または松浦鉄道たびら平戸口駅→車30分
車:西九州道佐々ICから国道204・383号経由40km50分
駐車場 あり/30台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

カトリック紐差教会

平戸島のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください