カトリック平戸ザビエル記念教会 かとりっくひらどざびえるきねんきょうかい スポット

長崎県 社寺・教会
ちょっと立ち寄り

平戸市街地西側の丘の上に立つ教会。市街地からは尖鋭な屋根と十字架が望まれ、教会へ至る坂の途中の光明寺、瑞雲寺などの寺院と重なって見える風景は「寺院と教会の見える風景」として平戸を代表する景観のひとつとなっている。大正2年(1913)に「カトリック平戸教会」として建てられたのが始まりで、昭和6(1931)に現在地に移転、建設された。薄緑色の鉄筋コンクリート造りのゴシック様式の教会堂で、左側にのみ八角塔があるアシンメトリーな造りが印象的。敷地内にはザビエル記念像が立ち、フランスのルルドの泉を模した「ルルド」が造られている。入口の教会マナーを一読の上、祈りの気持ちをもって見学を。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県平戸市鏡川町259-1
TEL 0950-23-8600(平戸観光協会)
営業時間 9~16時(日曜は午前10時頃までミサのため見学不可)
定休日 無休
料金 志納
アクセス 公共交通:JR佐世保駅から徒歩2分の佐世保バスセンター→西肥バス平戸桟橋行きで1時間31分、バス停:平戸市役所前下車、徒歩5分。または松浦鉄道たびら平戸口駅→車10分
車:西九州道佐々ICから県道227号、国道204・383号経由25km35分
駐車場 あり/50台/ミサ時などは一般観光客は駐車不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

カトリック平戸ザビエル記念教会

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください