焼罪史跡公園 やいざしせきこうえん スポット

長崎県 公園
ちょっと立ち寄り

平戸瀬戸を隔てて平戸城や平戸ザビエル記念教会を望む小高い丘の洋風庭園。江戸幕府のキリスト教禁教令でマカオへ追放され、元和7年(1621)に日本に再潜入したイタリア人宣教師カミロ・コスタンツォ神父。生月島や納島で伝道を続け、翌年、五島の宇久島で捕えられ、田平のこの地で火刑となった。その殉教地の跡地に整備されたのがこの公園。公園内には、業火の中のカミロ神父の姿を表した大きなモニュメントがあり、そばには神父の来歴と殉教の様子が銅板に記された殉教之碑が立ち、悲しい時代を今に伝えている。毎年秋には殉教祭が行なわれている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県平戸市田平町野田免210
TEL 0950-22-4111(平戸市観光課)
営業時間 入園自由
定休日 入園自由
料金 入園自由
アクセス 公共交通:JR佐世保駅から徒歩2分の佐世保バスセンター→西肥バス平戸桟橋行きで1時間20分、バス停:平戸口桟橋下車、徒歩20分。または松浦鉄道たびら平戸口駅→車5分
車:西九州道佐々ICから県道227号、国道204号経由23km30分
駐車場 あり

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

焼罪史跡公園

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください