新原・奴山古墳群 しんばる ぬやまこふんぐん スポット

福岡県 遺跡・史跡・城址

国指定史跡の津屋崎古墳群の中でも、最も多くの古墳が集中している古墳群。現在は水田となっているかつての入海に面した台地上に5世紀から6世紀にかけて築かれた前方後円墳5基、方墳1基、円墳35基の計41基の古墳が築かれている。古墳群南側の展望所からは、田んぼの中に点在する古墳と宗像大社中津宮が鎮座する大島と沖ノ島へと続く海を一望することができる。沖ノ島への信仰を育んだ古代豪族・宗像氏の存在を証明する墳墓群として、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産として世界遺産に登録された。

基本情報

住所 福岡県福津市勝浦・奴山
TEL 0940-62-5093(福津市文化財課)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR福間駅みやじ口→ふくつミニバス勝浦線で25分、バス停:昭和学園前下車、徒歩5分。またはJR福間駅→西鉄バス東郷駅行きで20分、バス停:奴山口下車、徒歩10分
車:九州道古賀ICから県道35号、国道495号経由13km30分
駐車場 あり/37台
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

新原・奴山古墳群

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ