津屋崎古墳群 つやざきこふんぐん スポット

福岡県 遺跡・史跡・城址

福津市北部の玄界灘に面した丘陵地に点在する古墳群。南北約8km、東西約2kmの広い範囲にわたって、勝浦高原古墳群、新原・奴山古墳群、宮地嶽古墳、手光波切不動古墳など、前方後円墳16基、円墳43基、方墳1基の総数60基が点在。一部を除き国の史跡に指定されている。築造は5世紀から7世紀。宗像三女神を祭り、沖ノ島祭祀に関わった「筑紫の胸形君」という有力豪族の墳墓群である可能性が高いとされ、41基が集中している新原・奴山古墳群は、世界遺産“「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群”の構成資産に登録されている。

基本情報

住所 福岡県福津市勝浦・奴山・生家・大石・須多田・宮司・手光
TEL 0940-62-5093(福津市文化財課)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR福間駅みやじ口→ふくつミニバス勝浦線で25分、バス停:昭和学園前下車、新原・奴山古墳群まで徒歩5分。またはJR福間駅みやじ口→西鉄バス東郷駅行きで20分、バス停:奴山口下車、新原・奴山古墳群まで徒歩15分
車:九州道古賀ICから県道35号、国道495号経由13km30分(新原・奴山古墳群まで)
駐車場 あり/37台/各所により異なる

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

津屋崎古墳群

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ