• るるぶ&more.
  • パリのおいしいホテル「フォション ロテル パリ」を徹底解説! #いつか行きたい
パリのおいしいホテル「フォション ロテル パリ」を徹底解説! #いつか行きたい

パリのおいしいホテル「フォション ロテル パリ」を徹底解説! #いつか行きたい

フランス共和国 泊まる フランス ホテル ステイ 食・グルメ マカロン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

パリの中心部8区にあるマドレーヌ寺院の目の前にある5つ星ホテル、「フォション ロテル パリ」。紅茶やマカロンなどで有名な、あの「フォション」が経営するホテルだけあり、コンセプトは「グルメホテル」。フォションのマカロンに囲まれて過ごせるとっておきのホテルステイとは、一体どんなものなのでしょう…!ゆっくり滞在できる日を心待ちにしながら、ホテルの内部をチェックしていきましょう。

Summary

チェックインからマカロンをどうぞ

フォションロテルパリのチェックインは、通常のホテルのようにロビーで立ちながら、ではありません。なんと、「フォション」のテーマカラーであるピンク色がきいたかわいいサロンで、「フォション」のマカロンをいただきながら、ゆったりとソファーに座って行われるんです!到着した瞬間から居心地のよさとマカロンの甘さに包まれて、気分がどんどん高まっていきます…!

フォションワールド全開!かわいすぎる客室インテリア

ビビッドピンクにゴールド、白、黒を組み合わせた客室は、特に女子にはたまらない空間です。この写真のスーペリア ルームは、25㎡から30㎡の広々とした客室で、どのお部屋からもマルシェルブ大通りか、マドレーヌ寺院がのぞめます。パリのエスプリを感じられる両開きフランス窓や、ベランダの柵のデザインもおしゃれ!

アメニティも、ホテル内のスパ「CARITA」のキットを使用でき、全室にダイソンのヘアドライヤーを完備。バスタブつきの部屋も用意があります。

これが最大の魅力。全客室に、魅惑のグルメバー

フォションロテルパリのコンセプトは「グルメホテル」。なんとすべての客室に「フォション」のクッキーやチョコレート、ペーストなどを完備したグルメバーが設置されているんです。中身はもちろん食べ放題で、なくなれば随時追加してくれます。おみやげとして持って帰るのもOKなので、日本でもフォションの味を楽しめます。

コーヒーや紅茶の用意はもちろん、おかわりはできませんが滞在1日目にはシャンパンのプレゼントも!思わず「今日はホテルにこもろうかしら♪」と思うくらいに、おなかも心も満たされること間違いなしです。

常ににぎわう、ハイレベルなレストランやカフェ

ホテル内には2箇所のグルメスポットがあります。朝食からディナーまで楽しめる「ル グラン カフェ フォション」では、種類豊富なメニューとドリンクを取り揃え、宿泊ゲスト以外のお客さんも多く訪れます。特に人気なのはテラス席。お昼はおしゃべりに勤しむお客さんで賑わい、夜はロマンチックな雰囲気が夜遅くまで続きます。

もう1カ所はティーサロンで、「フォション」自慢の紅茶25種以上をそろえています。1番人気のフレーバーは「LA POMME(アップルティー)」とのこと。ミーティング利用などにも使えそうなカジュアルな雰囲気もあり、ゆったりとくつろげます。

密かに人気のスパもお試しあれ

地下階にある「ビューティ スパ カリタ」は、マッサージルーム2室、ハマム1室というそれほど大きなスパではありませんが、旅の疲れを癒せて、マッサージの質も高いと大人気!ゲストはアプリコット・ストロベリーなど6種類のグルメフレーバーから好きなものを選び、豊かな香りに包まれながら、ハンドマッサージを受けられます。

スパは、男性の利用ももちろんOK。スパで使われている「CARITA」のケア商品は購入も可能。自分へのご褒美にもオススメです。

館内のフォトジェニックスポットも探してみて

ホテルの館内にはさまざまなフォトジェニックポイントがあります。例えば前述の「ル グラン カフェ フォション」の一角には、ネオンによる「FAUCHON」の文字のオブジェが。かわいくってセンスがよくて、思わず写真を撮りたくなる!

こちらはおしゃれすぎる螺旋階段。ピンクのじゅうたんや手すりのデザインの美しさにうっとり。まるでおとぎ話に迷い込んだような気持ちになり、素敵なドレスを着て駆け下りたくなる!宿泊した際には、ぜひ皆さんも、お気に入りの場所を見つけてみて。

■フォション ロテル パリ Fauchon L’Hôtel Paris
住所:4 Boulevard Malesherbes
TEL:01 87 86 28 00
チェックイン:15時
チェックアウト:12時
料金:€430~(時期により変動)


掲載した情報をはじめ、パリについてもっと知りたい方は、『パリ 完全版』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『パリ 完全版』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

まだある関連記事はこちら!
●パリジェンヌ気分でお散歩!パリのフォトジェニックスポット5選
●パリ気分を味わえる「CLASKA」【旅ガールたじはるのホテルステイ4】

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください