• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • 本当は教えたくない厳選カフェ4選!おしゃれエリア二子玉川のエディター行きつけ店を紹介【#編集部のおでかけキロク】
本当は教えたくない厳選カフェ4選!おしゃれエリア二子玉川のエディター行きつけ店を紹介【#編集部のおでかけキロク】

本当は教えたくない厳選カフェ4選!おしゃれエリア二子玉川のエディター行きつけ店を紹介【#編集部のおでかけキロク】

東京都 カフェ カフェ巡り あんこ コーヒー ブランチ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

多摩川の自然と都会感がほどよく共存する東京・二子玉川。ここには街の雰囲気と同じ、洗練されているけどどこか落ち着きのある居心地の良いカフェが揃います。今回は二子玉川へ二十数年通う編集部・ゆかっくま行きつけの二子玉川カフェをピックアップ!オクシモロン、ロンハーマンカフェ、カフェリゼッタ、レットイットビーコーヒーをご紹介です。玉川高島屋や二子玉川ライズでのショッピングを楽しんだら、素敵なカフェでひと休みしませんか?

Summary

ランチにもおやつにも。人気の「オクシモロン」@玉川高島屋

エスニックそぼろカリー 1200円
エスニックそぼろカリー 1200円

「OXYMORON(オクシモロン)」は、二子玉川屈指の人気カフェ。鎌倉に2店舗、大阪・北浜にも店舗があります。
以前は高島屋の屋上庭園にありましたが、いつのまにか南館4階にお引越ししていました。

オクシモロンといえば、なんといってもカレー!でもこちらの「エスニックそぼろカリー」は、ただのカレーではないんです。

カレーの周りには大量のネギ、大葉、三つ葉、パクチーを配置。このラインナップからしていかにもエスニックです。

すべてを混ぜ混ぜしていただきます!

どの時間帯でも、お店にいるお客さんのひとりはカレーを頼んでいるイメージ。それくらい人気&定番のメニューなのです。
気になるお味はぜひお店で体験してみてくださいね。

インスタでよく見かける「カスタードプリン」

カスタードプリン 550円
カスタードプリン 550円

個人的なオススメは「カスタードプリン」。
プリンブームも相まってか、インスタのハッシュタグでもよく見かける人気メニューです。

カラメルの海にそびえ立つプリンとクリーム!この丸みを帯びたクリームの乗せ方も絶妙です。ぷるんぷるんと動くプリンはそのまま見つめていたいほど。

さて、愛おしいプリンにスプーンを入れていきます。まずはクリームを付けずにそのままひと口。卵本来のやさし~い甘さで、さっぱりとしています。カラメルもいい意味でスタンダードな老若男女が好きな味。

昔、この玉川高島屋にあった食堂っぽいレストランで食べたプリンの味を思い出します。
(メニューにあったかな。たぶん食べた気がします。)

クリームをつけてももちろんおいしさ抜群。クリームをつける、つけないで交互に味を楽しみました。

実はプリンと一緒にミルクコーヒーも頼みました。メニューをよく読んでいなかったのでお会計の時に気づいたのですがドリンクとセットで100円引き。地味にうれしい。

オクシモロンへの行き方・営業時間は?

お店についたらまず整理券を取って!
お店についたらまず整理券を取って!

オクシモロンは玉川高島屋南館の4階にあります。平日でも並ぶことがあるので、時間には余裕をもって。並び順を確認できるので待ち時間は高島屋でショッピングしても◎

■参考記事:カレー好き必食!行列カフェの香草×そぼろの新感覚カレーに首ったけ (配信日:2018.11.23)

使い勝手抜群!困ったら行きたい「Ron Herman Cafe二子玉川店」@玉川高島屋

「Ron Herman Cafe(ロンハーマンカフェ)」は、玉川高島屋S・Cの別館「アイビーズプレイス」にあります。

建物全体がロンハーマンとなっていて、お目当てのカフェは3階。
ほかのフロアにはアパレルや生活雑貨、化粧品などが並んでおり、ショッピングだけでも楽しい!友達へのプレゼントを探すのにいつも重宝しています…(笑)

カフェへは店内のエレベーターか階段を使うか、建物右側の外階段から進みます。(現在は店内からのみ入店可)

温かみのある店内は、ベビーカーも楽々通れる広い通路+大きな窓から光が差し込み開放感抜群!

テーブル席のほかにソファ席も用意され、全世代がゆったりできる雰囲気。お友達と、恋人と、家族と…どんなシチュエーションでも訪れられる使い勝手の良さもお気に入りポイントです。

天気の良い日はテラス席もおすすめ!

ワンちゃん連れも多い二子玉川らしく、テラスはペット同伴OK!(お店ではペット用品も取り扱ってますよ。)

「アボカドトースト」はブランチにピッタリ

アボカドトースト サーモン&ポーチドエッグ 1400円
アボカドトースト サーモン&ポーチドエッグ 1400円

訪れたのが土曜の午前中だったのでブランチに、とオーダーしたのは「アボカドトースト」。

トーストしたバケットにアボカドペースト、それぞれにサーモンとポーチドエッグをのせた逸品です。
ぷりぷりのサーモンは食べ応えも抜群。アボカドペーストにはキュウリも入っていて食感も楽しく、あっという間に1枚完食!

そうそう、サラダのドレッシングはシーザーでした。これがまたおいしい!

これをやらずにはいられない!
これをやらずにはいられない!

ポーチドエッグを割ってみると、とろっとろの黄身があふれ出して止まらない!

滴り落ちる黄身をなんとかすくってパクリ。卵×アボカドの相性は言わずもがな最高で、家でも真似したい!

コースターに手書きのイラストが。和みます
コースターに手書きのイラストが。和みます

パンがバケットだったのこともありボリューム感たっぷりで、かなりお腹いっぱいに!帰りはニコタマ散策や多摩川沿いをお散歩してみるのもGOODです!

アルコールメニューもあり、どの時間帯でもおいしくお腹いっぱいになれるロンハーマンカフェ。ニコタマでご飯に困ったら思い出してみてくださいね。

ロンハーマンカフェへの行き方・営業時間は?

二子玉川駅西口を出たら高島屋側へ渡り、用賀方面へ。
つばめグリルを横目に進み、信号を直進、世田谷信用金庫の先がロンハーマンです。

■参考記事:朝から幸せ!モーニング限定ロンハーマン カフェの厚切りふわふわトースト (配信日:2018.11.03)

季節のプリンアラモードにキュン♩「カフェリゼッタ」@高島屋裏手

“フランスの片田舎にあるカフェ”をイメージしたという「Cafe Lisette(カフェリゼッタ)」。

ここは雰囲気が良くって、本読んだりしながらゆっくり過ごしたいカントリーな感じ。フォークやスプーンなどカトラリーもフランスで買い付けたヴィンテージもので、少しだけ異国な気分が味わえます。

先述したように本当はゆったりとカフェタイムを過ごしたいところなのですが、スイーツ好きがこぞって集い、いつも結構並んでしまうのです。
その大人気の理由がこちら…。

季節ごとのお楽しみ「プリンアラモード」

アメリカンチェリーのプリンアラモード 1030円
アメリカンチェリーのプリンアラモード 1030円

そう、こちらがリゼッタ名物「季節のプリンアラモード」。

プリンの周り&上に盛りだくさんのチェリー!もう見た目からして素晴らしい!運ばれてきた瞬間、にやけてしまいました。

私が訪れたときは初夏だったのでチェリーでしたが、ほかの時季にはブドウ、キンカン、イチゴなどがラインナップ。

上からも撮っても素敵!
上からも撮っても素敵!

かためプリン、チェリー、クリーム…食べ終わるのが寂しくて一口一口丁寧に味わいながらいただきました。大人になってもこんなにわくわくするスイーツがあるんですね。ぜひほかのフルーツも食べたい!

併せて紅茶をオーダーして、スコーンなど焼き菓子をテイクアウトすればカフェリゼッタコンプリートコース。紅茶もこだわりで兵庫県芦屋に本店をもつ「紅茶専門店Uf-fu(ウーフ)」の茶葉を使用しているとか。焼き菓子も絶品です。

カフェリゼッタへの行き方・営業時間は?

駅から徒歩5分もかからない場所にあります。高島屋の本館と南館の間を抜け、路地を一本入ると到着です。個人的にはオープン直後に入ってしまうのがおすすめ!

■Cafe Lisette(カフェ リゼッタ)
住所:東京都世田谷区玉川3-9-7
TEL:03-5717-3779
営業時間:10時30分~19時LO18時30分
定休⽇:なし

■参考記事:とにかく人気!今しか食べられない“いちごたっぷり”なプリンアラモード (配信日:2020.01.05)

ひとりでも入りやすい!元気になれる「Let it be coffee」@二子玉川商店街

二子玉川にも実は商店街があるんですよ。親しみやすいラーメン屋さんやお花屋さんのなかで、ひと際にぎわいを見せているのがこの「Let it be coffee(レットイットビーコーヒー)」。

スタバやブルーボトルで働いていたオーナーご夫婦がその経験を生かして、こだわりのコーヒーを提供しています。
明るい奥さんがテキパキとお客さんを捌き、旦那さんが黙々とコーヒーを淹れる……そんなお二人のファンで通っている方もきっと多いはず。

人気のあんバターサンド、冬になると…

あんバターサンド 500円
あんバターサンド 500円

スペシャリティコーヒーのおいしさもさることながら、こちらの「あんバターサンド」も見逃してはいけません。

コッペパンにあんこがたっぷり!さらにバターが2つ顔を出していて、ビジュアルだけでももうおいしそう!あんこの甘さとバターの塩っ気を、パンがうまく包み込んでくれています。

それと、この益子焼のお皿もかわいいですよね!
お店の雰囲気は現代的で洗練された感じなのに、思いっきり和。お皿って脇役のはずなのに、白いテーブルによって存在感より引き立てられています。

いちごの季節には、いちごあんバターがお目見えすることも!

そして、こちらのカフェいちばんの推しポイントは、お会計を済ませてお店を出ようとしたときに「良い一日を~!」と声をかけてくださるところ。いつもほっこりとした気持ちにさせてくれます。

カフェリゼッタへの行き方・営業時間は?

Let it be BLEND 850円
Let it be BLEND 850円

駅から玉川高島屋本館と南館の間を抜けて、国道246号線の高架下をくぐると二子玉川商店街に入ります。そのまま道なりに進むと左手に見えてくるのがレットイットビーコーヒー!

こぢんまりとした店内は、おひとりさまのお客さんも多数。土日はいつも混んでいるので、本当に秘密にしたいのですが…(笑)、二子玉川で中途半端に時間が空いてしまったときなんかもオススメです。

■参考記事:スタバ&ブルーボトルから独立したコーヒー店の絶品あんバターサンドに夢中! (配信日:2018.08.14)

●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください