東京駅ナカで楽しめるなんて珍しい&最高!たっぷりクリームの「できたてモンブラン」

東京駅ナカで楽しめるなんて珍しい&最高!たっぷりクリームの「できたてモンブラン」

フォトジェニックスイーツ モンブラン ベーカリー カフェ スイーツ パン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2020年7月リニューアルオープンした、東京駅ナカにあるベーカリーカフェ「BURDIGALA TOKYO」。リニューアルに際し、注文してから目の前で絞られるモンブランや、生地に包まれていない特製カレーパンなど、今後注目間違いなしのメニューが新登場。東京駅を利用する機会のある方は、ぜひチェックを!

summary

「日常生活を少しだけ上質に」をコンセプトにしたベーカリーカフェ

東京駅構内にある商業施設「グランスタ東京」内にあるカフェ「BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)」が、今年7月にリニューアルオープンしました。

「BURDIGALA」は広尾に本店を持ち、全国に10店舗を展開している人気ベーカリー。

国産の発酵バターや天然塩、自家製酵母など厳選した素材だけを使用し、バゲットやライ麦を使ったコンプレなどハード系のパンがとくに人気のお店です。

今回リニューアルオープンした「BURDIGALA TOKYO」は、イートインスペースを併設。

店頭にずらりと並ぶパンやサンドイッチ、キッシュの他、店舗内のキッチンで作られるイートイン限定メニューも楽しめます。

BURDIGALA TOKYO
BURDIGALA TOKYO

店内は、広尾本店と同様、大人の女性がゆっくり過ごせる空間をイメージ。
白を基調とした明るい店内に、カウンター9席、テーブル9席が用意されています。

注文を受けてから目の前で絞る「モンブラン・ブリオッシュ」

「モンブラン・ブリオッシュ」825円(税込)
「モンブラン・ブリオッシュ」825円(税込)

今回のリニューアルに際し、イートイン限定商品「モンブラン・ブリオッシュ」が新登場(現在は14〜17時の提供、9月1日からは10〜20時の提供)!

こちらは駅ナカでは珍しい、“できたて・作りたて”が堪能できるメニュー。

注文すると、スタッフの方が専用の機械を使い、目の前で和栗クリームをたっぷり絞ってくれます。
そのライブ感に思わずテンションアップ!

中にはカシスリキュールを染み込ませたブリオッシュと生クリームが入っており、最後にレモンをキュッと一絞り。

さっそくいただいてみましょう!
 
熊本産の和栗を贅沢に使用したクリームは、できたてのふんわりとした軽やかさを持ちつつ、和栗特有の濃厚な旨味とコクを感じます。

やさしく香るレモンの爽やかさが栗の旨味を引き立て、最後のひとくちまで飽きません。

思わず笑みがこぼれてしまう、満足度の高い一皿!

「アンティークブレンド S」 385円(税込)(モンブランブリオッシュなどとセットの場合は275円)
「アンティークブレンド S」385円(税込)(モンブランブリオッシュなどとセットの場合は275円)

そんな「モンブラン・ブリオッシュ」に合わせたいのは、同店自慢のコーヒー。

「BURDIGALA TOKYO」では系列店である創業1936年の老舗喫茶店、銀座「トリコロール本店」と同じ味わいのコーヒーを用意しています。
 
オリジナルブレンドのコーヒー豆で淹れられる「アンティークコーヒー」は、柑橘系の爽やかな酸味と深いコクが特徴。
鼻に抜ける香りも豊かで、ほっとする飲み心地。

老舗喫茶店で長年親しまれてきた味わいを、東京駅で気軽に楽しめるなんてうれしいですね。

包まれてないカレーパン!? 「TOKYO カレーパン」

「TOKYO カレーパン」1078円(税込)
「TOKYO カレーパン」1078円(税込)

食事を楽しみたいなら、10〜14時限定で提供される「TOKYO カレーパン」もおすすめ。

マルシャンドゥブールという粗挽きライ麦を配合した酸味のあるパンに、辛さ控えめのまろやかなバターチキンカレーをかけ、クロテッドクリームをあしらった、同店特製の“包まれていないカレーパン”。

ほどよい酸味の自家製ピクルスが箸休めにぴったり。

低温長時間発酵で作られる香ばしいマルシャンドゥブール。外側はしっかり固く、内側はもちもちっとした噛みごたえです。

当初は「TOKYO カレーパン」専用に作っていたというこちらのメニュー。

「ぜひ店頭でも販売してほしい」というお客さんたちからの要望に応え、現在は「BURDIGALA TOKYO」でのみ購入可能です。

同店舗内には、クロワッサンとコーヒーがクイックに購入できる「CAFE TO GO」と、評判の東京土産「広尾のビスチィーヌ」を販売する「BURDIGALA PATISSERIE」の、2つのショップも併設。
覚えておくと、新幹線に乗る前など急いでいるときに重宝しそう。
 
東京駅構内というアクセス抜群の立地にありながら、ベーカリーらしさを感じるこだわりのメニューが味わえる「BURDIGALA TOKYO」。
東京駅を利用する際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


■BURDIGALA TOKYO
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR 東日本東京駅構内B1
TEL:03-3211-5677
営業時間:7〜22時(平日・土曜)
     7〜21時(日曜・祝日)
※営業時間については、感染拡大防止の観点をふまえ、流動的に営業時間短縮及び臨時休業となる場合があります
定休⽇:なし

Text & Photo:なかくきくみこ
Photo:BURDIGALA TOKYO

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●たっぷり詰め込まれたフルーツが華やか!ジューシーで甘酸っぱい超贅沢ケーキ
●新トレンドの予感!“東京駅で人気を博す”振って飲む「チーズドリンク」
●GINZA SIXでしか味わえない!この夏だけの贅沢スイーツ3選

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください