名古屋/ランチ/ディナー

名古屋名物「なごやめし」絶対食べたいご当地グルメ14選

愛知県 名古屋グルメ ご当地グルメ ランチ ディナー 老舗
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

あんかけスパにきしめん、手羽先やひつまぶしなど名古屋にはおいしいご当地グルメ“名古屋めし”がたくさんあります。地元の人たちにも愛されるお店で、元祖&発祥の味を堪能してみて。バラエティに富んだ“名古屋めし”14選をご紹介します!

Summary

味噌カツ

甘い味噌とサクサクとんかつがでらうまの「味噌カツ」。濃厚な見た目とは裏腹に、意外とあっさりとした味噌ダレ。ご飯にもビールにも合う、まさに名古屋グルメの王道です。

矢場とん 矢場町本店

矢場とん
「 わらじとんかつ定食」 1800円

昭和22年(1947)創業。1年半熟成させた天然醸造の豆味噌を使用して作る味噌だれは、見かけによらずあっさり仕立てで、初体験の人も食べやすいと評判。まずはその名のとおりビッグなわらじとんかつを召し上がれ。

■矢場とん 矢場町本店(やばとん やばちょうほんてん)
TEL:052-252-8810
住所:名古屋市中区大須3-6-18
営業:11~21時
定休日:無休
アクセス:地下鉄矢場町駅4番出口から徒歩5分
駐車場:8台 

焼とんかつの店 たいら

特上焼ロースかつ定食1700円(土・日曜は1850 円、+150円で味噌味、+40円でねぎトッピング)
「特上焼ロースかつ定食」1700円(土・日曜は1850 円、+150円で味噌味、+40円でねぎトッピング)

パン粉をつけて鉄板で焼き上げる“焼とんかつ”の店。少量の油で焼き上げるヘルシーな味噌カツです。肉のうま味が閉じ込められ、ジューシーでとても軟らかい!どて煮風の味噌ダレもうま味濃厚ですよ。

■焼とんかつの店 たいら(やきとんかつのみせ たいら)
TEL:052-731-4555
住所:名古屋市千種区今池5-8-9
営業:11時30分~13時30分LO(土・日曜、祝日は~14時LO)、17時30分~21時LO
定休日:月曜、日曜夜
アクセス:地下鉄今池駅4番出口から徒歩3分
駐車場:なし

手羽先

甘辛タレがクセになる本場の「手羽先」でビールをグビリ!数十年前には見向きもされなかった手羽先が、今では名古屋の名物に。骨までしっかりしゃぶり尽くし、おいしさを骨の髄まで召し上がれ!

風来坊 栄店

「元祖手羽先唐揚げ」1人前5本540円

「風来坊」といえば手羽先唐揚げ発祥の店。濃厚で甘辛いタレに、塩コショウと白ゴマをまぶしたスタイルが元祖の味。手羽先を二度揚げすることで表面はパリッと、中はジューシーな仕上がりに。「元祖手羽先唐揚げ」は1人前5本540円。

世界の山ちゃん本店

「幻の手羽先」1人前5本605円

「世界の山ちゃん」の手羽先は、秘伝のタレにコショウがガツンと利いたスパイシーな味が特徴です。カリカリッとした食感とピリリとした刺激がおいしい!「手羽先サミット」では殿堂入りも達成しました。ビールがすすむ世界の山ちゃん 本店の「幻の手羽先」は1人前5本605円。

ひつまぶし

一度に3つの味が楽しめる門外不出の「ひつまぶし」 。3種類の違ったおいしさを一度に楽しめるから、食いしん坊も大満足! ひつまぶしは、名古屋人のとっておきのごちそうなんです。

あつた蓬莱軒 本店

「ひつまぶし」4400円

明治6年(1873)に創業し、熱田神宮のすぐそばで営むひつまぶしの名店「あつた蓬莱軒 神宮店」。毎朝届くウナギを捌き、備長炭で皮はパリッと、身はふっくら焼き上げています。戦時中も守ったという秘伝のタレが味の要。

いば昇

「櫃まぶし」3500円(吸い物付+200円)

「いば昇」は明治42年(1909)創業で、櫃まぶしの発祥店の一つ。脂の旨みを閉じ込めつつ焼き上げたウナギが、お櫃ご飯の上にぎっしりとのっています。三膳目のお茶漬けは、 煎茶でさっぱり食べるのがいば昇流。「櫃まぶし」3500円はウナギを引き立てる焼きタレが絶妙です!

宮鍵

櫃まぶし(薬味付き) 4200円
「櫃まぶし(薬味付き)」 4200円

食通に愛されるウナギとかしわを提供する「宮鍵」。明治32年(1899)の創業、池波正太郎も足繁く通ったという名店。季節により産地を厳選するという上質なウナギを使います。コクのある濃厚なタレが秀逸!

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください