台北名物の棒餃子が319円〜!お手頃価格で本場の味を楽しめる新宿「台北餃子次次」

台北名物の棒餃子が319円〜!お手頃価格で本場の味を楽しめる新宿「台北餃子次次」

台湾 台湾料理 餃子 麻婆豆腐 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京・新宿にある「台北餃子次次(タイペイギョウザチィチィ)」は、現地を再現したようなレトロ空間で、本格棒餃子とお酒を楽しめるお店。今回はそのおいしさの秘密や、SNSでも話題の「こぼれ麻婆豆腐」など、お店の魅力に迫ります。

Summary

まるで旅行気分!?新宿駅チカで本格台湾料理が味わえる!

JR新宿駅から徒歩1分、東口駅前広場からすぐの場所にある「台湾餃子次次」は、アクセスが抜群なうえ、コスパよく本格的な台湾料理が食べられると話題のお店です。

一歩足を踏み入れるとそこは、まるで旅行に来ていると錯覚してしまうような台湾レトロな空間。

現地の写真やポスターなどが所狭しと貼られていたり、調味料がズラッと並んでいたりと、がやがやした屋台街の雰囲気も彷彿とさせます。

台湾料理は中華料理に似ていますが、こってりした中華に比べてさっぱりとしていてあっさり軽く食べられるのが特徴。また、現地では屋台が多く集まった夜市もポピュラーなので、食べ歩きができるような料理が多いんです。

看板メニューの棒餃子は5個319円!「焼」も「水」も必食

「台北焼棒餃子」 10個638円(5個319円)
台北焼棒餃子 5個319円、10個638円
「台北餃子次次」の名物は棒餃子。実際に台湾へ視察に行き、200店以上食べ歩きをしたなかで西門のとあるお店に惚れ込み、なんとシェフがそこで1ヶ月間修行!本場のレシピを学び、持ち帰ったというこだわりっぷりです。

加えて、専用の食材を仕入れることで限りなく本場の味を再現しているんです。その絶品棒餃子をなんと5個319円という破格で食べられるというからさらに驚き!

このお店の餃子の特徴は、ニンニクを使用していないこと。代わりに国産の黄ニラがたっぷり入っていて、口当たりがライトだけど旨味・肉汁がジュワッとあふれ、食べ応えもばっちり。

焼き目はパリッとしていて、噛んでいるともちもち感が出てくる皮も、最適な厚みを計算し、オリジナルの技法で成形しているんだとか。1本1本が大きすぎないから、軽くパクパクと食べられちゃいます♪

タレをつけなくても十分おいしいけれど、「秘伝だれ」と「特製醤油」の2種に加え、ラー油がついてくるので、好みに合わせて味わいを変えられるのもうれしいポイント。「秘伝だれ」はややとろみがあって甘じょっぱく、ごま油の香りが豊か。「特製醤油」は、やや酸味があってさっぱりしているので、それぞれ食べ比べながら楽しめます。

2種の唐辛子とハッカク、山椒などを漬け込んで香りやしびれを出しているというラー油は、インパクトのある辛味がクセになる!味変しながら、堪能してみてくださいね。

「台北水餃子」10個858円(5個429円)
「台北水餃子」10個858円(5個429円)
「台北焼棒餃子」だけでなく、あっさりとした味わいの「台北水餃子」もおすすめ。ツルンと口当たりがよく、焼餃子よりもさらにもちもち感が際立つ1品。ジューシーだけどあっさりしていて、止まらなくなっちゃいます。

四川豆板醤を使った“こぼれ”エビチリ&麻婆豆腐も絶品

(左から)「こぼれ海老のチリソース」1089円、「こぼれホルモン麻婆豆腐」1045円
(左から)こぼれ海老のチリソース 1089円、こぼれホルモン麻婆豆腐 1045円
餃子以外のメニューも充実!特に、お椀からあふれるように盛り付けられた「こぼれ海老のチリソース」と「こぼれホルモン麻婆豆腐」はSNSでも話題のメニューです。お客さまに喜んでもらえる形を追求した結果このような形になったのだとか。

あふれていると言っても、比較的小さめの丼ぶりなので、見た目を楽しみつつもいろいろな料理をちょっとずつ食べたい女性に特に喜ばれているんだそう!

「こぼれホルモン麻婆豆腐」は、四川豆板醤の辛味と、隠し味に使われているという豆豉の甘さやコクとのバランスが絶妙!ただ辛いだけでなくまろやかさが感じられて、止まらなくなってしまう旨辛な1品です。ホルモンがごろっと入っていて、満足感もばっりち。 

大きくてぷりっぷりなエビがたくさん入った「こぼれ海老のチリソース」も、同じく四川豆板醤が使われていますが、たっぷりのトマトと酒粕を合わせることで丸く甘みのある味わいに。

レモンが丸ごと入ったサワーは餃子との相性が抜群!

「氷結!レモンサワー」638円
氷結!レモンサワー 638円
丸ごと1個分の冷凍レモンがゴロゴロ入った「氷結!レモンサワー」もおすすめ!さっぱりとして甘すぎないから餃子との相性も抜群で、レモンを崩しながら飲むと徐々に変化する味わいも楽しめます。

そのほかにもカラフルで写真映えするサワーや、レトロな空間で飲むのにぴったりなクリームソーダなど、ドリンクメニューも豊富です。

本格台北料理をお手頃な価格で堪能できる「台北餃子次次」。その味はもちろん、料理の見た目や空間も含めて楽しめるこのお店に、ぜひ足を運んでみては?

■台北餃子次次(たいぺいぎょうざちぃちぃ)
住所:東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル 7階
TEL:03-5367-5668
営業時間:平日17時30分~23時30分、土日祝17時~23時30分(フード22時30分LO、ドリンク23時LO)
定休日:元日

Text・Photo:河野未夢(vivace)

まだある関連記事はこちら!

●世界的グルメガイドに3年連続掲載の「餃子歩兵」が新宿にオープン!
●連日大人気のネオ居酒屋「トーキョー ギョーザクラブ」って?餃子とクリームソーダはマスト!
●炭火焼肉で冷麺を包む!? 本場韓国スタイルで楽しめる「コサム冷麺専門店」

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください