永観堂 禅林寺

京都「洛東・東山」のおすすめ紅葉名所2018~清水寺・永観堂・南禅寺など~

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
秋におすすめ 紅葉 紅葉狩り 紅葉ライトアップ 紅葉祭り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都「洛東・東山」のおすすめ紅葉名所(例年の見頃時期:10月下旬~12月上旬)をご紹介。人気絶大の清水寺周辺は紅葉名所が多く、情緒あふれる祇園や繁華街の河原町も楽しみたいエリアです。もみじが圧巻の永観堂や南禅寺周辺にも秋の名所が密集。真如堂や毘沙門堂など一度は訪ねたい名所が満載です。

Summary

清水寺・祇園・円山公園周辺…6件

清水寺(京都府/京都市東山区)

No Image

清水の舞台で知られる。宝亀9年(778)延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祭ったのが始まりで、坂上田村麻呂が延暦17年(798)に長岡京の旧紫宸殿を移築して堂宇を建造したと伝える。断崖に立つ舞台造の本堂(国宝)は徳川家光が寛永10年(1633)に再建したもので、優美な寝殿造が踏襲されている。139本の柱が支える舞台からは京都市街を一望できる。三重塔(重要文化財)も同時期の再建。秋にはカエデが見事に色づき、紅葉を楽しむことができる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:約100~120m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、サクラ、カエデ
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月17日~12月2日
  • 時間:17時30分~21時(受付終了)、夜の特別拝観大人400円、小人200円
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人400円、小人(小・中学生)200円
  • 時間:6~18時(季節により変動あり)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.kiyomizudera.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

円山公園(京都府/京都市東山区)

円山公園

八坂神社の境内に続く円山公園は、中央に池を配した和風庭園。園内には料亭や茶店、野外音楽堂の施設などが点在している。花見の名所で、なかでも祇園枝垂桜の名で知られる大樹は、毎年この花のために京都を訪れる人もあるという。秋には、回遊式庭園にモミジの赤が映え、周囲の紅葉を水面に映すひょうたん池や、紅葉を背景に立つ坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像など、風情ある紅葉散歩を楽しめる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:50~120m
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、サクラ、エノキ
  • おすすめ紅葉観賞方法:中央から東方を望む。丘の上から西方を見下ろす。園内の散策。
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:散策自由
  • 休み:散策自由

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

高台寺(京都府/京都市東山区)

高台寺

画像提供:高台寺

豊臣秀吉の正室、北政所(ねね)が慶長11年(1606)に秀吉の菩提を弔うために開いた寺。創建当初は徳川家康の援助もあり、広大な寺域をもつ壮麗な寺であったが、度重なる火災に遭っている。桃山様式の創建当時の面影を残すのは、開山堂(重要文化財)と、須弥檀や厨子の高台寺蒔絵で名高い霊屋[おたまや](重要文化財)、伏見城から移した茶室傘亭(重要文化財)と時雨亭(重要文化財)、表門(重要文化財)、観月台(重要文化財)など。東山を借景にした小堀遠州作の庭園(名勝・史跡)も見ごたえがある。紅葉時は、臥龍池に色づいた木々が水面に映え、美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデなど
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年10月19日~12月9日
  • 時間:17時~21時30分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人600円、中・高校生250円
  • 時間:9~17時(季節により変動あり)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.kodaiji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

青蓮院(京都府/京都市東山区)

青蓮院

青蓮院

知恩院の北側にある天台宗の門跡寺院で、粟田御所とも呼ばれる。天然記念物に指定された門前の楠の大木が目印。平安末期に比叡山の僧侶の住まいである青蓮坊がそもそもの始まり。代々親王が住職を務めてきた格式の高い寺である。天明8年(1788)の皇居炎上の際には後桜町上皇の仮御所となった。寺宝は、日本三大不動の一つ国宝「青不動明王二童子像」。東山を借景とした室町時代の相阿弥作池泉廻遊式庭園と、小堀遠州作の霧島の庭はすばらしい。春秋の特別公開時には、庭園の一角の茶室・好文亭で抹茶付きで鑑賞ができる。青蓮院門跡では、毎年春と秋に、夜の特別拝観、ライトアップを開催。春にはサクラやフジ、サツキ、秋には紅葉がライトアップされる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:ライトアップ
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年10月26日~12月2日
  • 時間:18~22時(21時30分受付終了)
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、中・高校生400円、小学生200円(父兄同伴時は無料)
  • 時間:9~17時(受付は30分前まで)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.shorenin.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

知恩院(京都府/京都市東山区)

知恩院

(C)総本山知恩院

京都・東山三十六峰の一つ華頂山のふもとに広がる浄土宗の総本山。法然上人が承安5年(1175)居を構え、「南無阿弥陀仏」と称えるとすべての人が救われるという念仏の教えを説き、生涯を閉じた念仏の聖地である。法然上人の御廟や御堂、日本最大級の三門など、多くの国宝や重要文化財の伽藍が立ち並んでいる。秋には約200本のいろはもみじが色づく。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジほか
  • おすすめ紅葉観賞方法:境内・庭園の散策
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月2日~12月2日
  • 時間:17時30分~21時30分(21時受付終了)
  • <基本情報>
  • 料金:境内自由(友禅苑大人300円、小・中学生150円、方丈庭園 大人400円、小・中学生200円)、ライトアップは大人(高校生以上)800円、小・中学生400円
  • 時間:9~16時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.chion-in.or.jp

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

将軍塚青龍殿(京都府/京都市山科区)

将軍塚青龍殿

2カ所ある展望台からは京都市街を一望できる。桓武天皇平安京造営時に都の安泰を念じて将軍の像を埋めた大きな将軍塚があり、庭園は桜や桃が咲き乱れ、秋は紅葉が真紅に染まる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:約200m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:西の展望台からは眼下に紅葉が楽しめる。展望台からは、市内を一望できる
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年10月26日~12月2日
  • 時間:日没後~21時30分(21時受付終了)
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、中・高生400円、小学生200円
  • 時間:9~17時(ライトアップ期間は~21時30分※受付終了は21時)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.shogunzuka.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

南禅寺・永観堂・銀閣寺周辺…6件

禅林寺(永観堂)(京都府/京都市左京区)

禅林寺(永観堂)

永観堂 禅林寺

広い境内には山を負うように諸堂が並び、釈迦堂・御影堂など多くの建物は回廊で結ばれている。寺は、平安時代初期に真紹僧都が建立したのが起こりと伝える。境内にはカエデや松が多く、11月中旬~下旬の紅葉は見事。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:カエデ、イロハモミジ、オオモミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:放生池周辺のモミジを見るのがおすすめ
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:寺宝展
  • 期間:2018年11月3日~12月2日 ※駐車場利用不可
  • 内容:通常拝観できない寺宝を特別公開
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月3日~12月2日
  • 時間:17時30分~20時30分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人600円、小・中・高校生400円。2018年11月3日~12月2日は大人1000円、小・中・高校生400円、夜間ライトアップ600円
  • 時間:9~16時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.eikando.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

南禅寺天授庵(京都府/京都市左京区)

南禅寺天授庵

南禅寺の塔頭天授庵には、広大な敷地内に枯山水庭園と池泉回遊式庭園があり、ライトアップ時に書院と本堂から眺める紅葉は格別。闇夜に浮かび上がる紅葉もまた神秘的で、見どころの一つ。京都の見頃は11月下旬が多いが、こちらは上旬が見頃。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~中旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:境内の庭園がおすすめ
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月15~30日(変更の可能性あり)
  • 時間:17時30分~20時45分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、高校生400円、小・中学生300円。ライトアップ時(11月15~30日)は大人600円、高校生500円、小・中学生400円※料金改定の可能性あり
  • 時間:9~17時(11月1日~2月最終日は~16時30分)。11月15~30日のライトアップは、17時30分~20時45分(受付終了)。※ライトアップ前の16時30分~17時30分は拝観不可
  • 休み:毎年11月11日の午後から12日の午前

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

安楽寺(京都府/京都市左京区)

安楽寺

哲学の道から少し入ったところにある寺で、毎年7月25日に行われるかぼちゃ供養で有名。後鳥羽上皇の女官だった松虫姫と鈴虫姫が、法然上人の弟子、住蓮と安楽の説法に感化され尼僧になったため、怒った上皇により両僧は死罪、法然も讃岐に流された。これを知った両姫は広島県生口島光明坊に転居したといい、今も境内には、住蓮、安楽の五輪石塔と松虫姫、鈴虫姫の小さな墓がある。30分ごとに本堂で寺の由来の説明がある。紅葉は11月下旬~12月初旬が見頃。とくに、山門前石段あたりの紅葉が美しい。平成30年(2018)秋の公開日は、11月3・4・10・11日、11月17日~12月2日まで。時間は9時30分~16時30分(入山)。大人500円。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月初旬
  • 主な標高:200m
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:歴史探訪、庭園鑑賞、寺の由来の習学
  • <基本情報>
  • 料金:大人500円、中学生以下無料(11月3・4・10・11日、11月17日~12月2日)
  • 時間:9時30分~16時30分(入山)
  • 休み:7月25日(カボチャ供養)と春・秋のみ公開(期間は公式サイト参照)
  • URL:http://anrakuji-kyoto.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

哲学の道(京都府/京都市左京区)

No Image

五山の送り火で名高い大文字山。その麓を疏水に沿って、若王子橋から浄土寺橋へと続く約2kmの散策路。哲学者・西田幾多郎や田辺元が、思索にふけりながら歩いたことからこの名が付けられたという。春には桜が花のトンネルを造り、豊かな自然を満喫できる。しかも、道沿いには若王子[にゃくおうじ]神社、大豊[おおとよ]神社、霊鑑[れいかん]寺、安楽寺など由緒ある寺社も点在し、紅葉のみどころも多い。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:紅葉を見ながら散策
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:散策自由
  • 休み:散策自由

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

法然院(京都府/京都市左京区)

法然院

法然上人が専修念仏の法灯を掲げた名刹。閑静な境内には、本堂、方丈、経蔵、書院、鐘楼が立つ。茅葺きの山門をくぐると、参道両脇に砂盛(白砂壇[びゃくさだん])がある。砂の上に描かれた文様は水の流れを表し、間を通ることで心を清めることになるという。その奥には美しい池泉式庭園がある。紅葉は山門周辺で楽しめる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬
  • 主な標高:200m
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:山寺なのでゆっくり歩きながらの鑑賞に適している(境内散策)
  • <基本情報>
  • 料金:無料(11月1~7日秋の伽藍内特別公開、大人800円、小・中・高生400円)
  • 時間:7~16時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.honen-in.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

南禅寺(京都府/京都市左京区)

南禅寺

南禅寺

臨済宗南禅寺派の大本山。正応4年(1291)、亀山法皇の離宮を大明国師を開山に迎えて寺に改めた。創建時の建物は兵火で焼失し、現在の伽藍は桃山時代の再建がほとんど。高さ22mの三門(重要文化財)は、藤堂高虎が大坂夏の陣で命を落とした将士を弔うため寛永5年(1628)に再建。歌舞伎『楼門五三桐』で、石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」の名セリフで見得を切るシーンが有名だ。大方丈(国宝)は御所の殿舎を移築した寝殿造。襖絵は花鳥画(重要文化財)、人物画(重要文化財)ともに狩野永徳をはじめとする狩野派の作。小堀遠州作の方丈庭園(名勝)や、小方丈に狩野探幽作の襖絵(重要文化財)などもある。11月中旬ごろからの紅葉時は境内が色づき見事だ。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:カエデ等
  • <基本情報>
  • 料金:境内自由(方丈庭園500円、三門500円、南禅院庭園300円)
  • 時間:8時40分~17時(12~2月は~16時30分、受付は20分前まで)
  • 休み:無休(12月28~31日は休業)
  • URL:http://www.nanzen.net/index.html

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

吉田・黒谷周辺…3件

真正極楽寺(真如堂)(京都府/京都市左京区)

真正極楽寺(真如堂)

画像提供:真如堂

紅葉の名所として知られる天台宗の寺。真如堂の名で親しまれている。永観2年(984)、戒算上人が比叡山常行堂にあった阿弥陀如来像(重要文化財)を本尊にして開いた。この像は慈覚大師円仁の作と伝え、別名を「うなずきの弥陀」と呼ばれ、女人救済に御利益があるとされる。現在の堂宇は江戸時代中期の再建で、広大な境内には本堂(重要文化財)、三重塔、大師堂、鐘楼堂、塔頭寺院が立ち並び、大寺院の風格が漂う。拝観料500円。紅葉期は駐車場の利用不可。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:100m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、サクラ、ハナノキ、イチョウ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:朝の斜めに差す光、夕方の赤い光を透かして観るのがおすすめ
  • <基本情報>
  • 料金:宝物・庭園500円、境内無料
  • 時間:9~16時※15時45分受付終了
  • 休み:不定休(行事等により規制あり)
  • URL:http://shin-nyo-do.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

金戒光明寺(黒谷さん)(京都府/京都市左京区)

No Image

京都の人から「黒谷さん」と親しまれる浄土宗の大本山。承安5年(1175)、法然上人が比叡山の黒谷を下りて、ここに草庵を結んだのが始まりといわれる。建物は何回かの火災に遭ったが、そのたびに建て直されている。現在は、山門、納骨堂、阿弥陀堂、御影堂、方丈、三重塔(重要文化財)などのほか、18の塔頭寺院が立ち並ぶ。なかでも、蓮池院[れんちいん](熊谷堂[くまがいどう])は、一の谷の合戦で平敦盛[たいらのあつもり]の首をとった熊谷直実[くまがいなおざね]の住房跡として知られる。紅葉はもちろん、サクラの葉などの色どりと伽藍のコントラストが美しい。境内は無料。秋の特別公開として平成30年(2018)11月9日~12月2日に御影堂・大方丈・庭園の拝観ができる(庭園600円、山門800円、共通1200円)。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、イチョウ、サクラ
  • おすすめ紅葉観賞方法:特別公開の紫雲の庭はJR東海「そうだ京都、行こう」のCMでも使われた庭
  • <基本情報>
  • 料金:境内は無料、秋の特別公開(2018年11月9日~12月2日)のみ庭園600円、山門800円、共通1200円
  • 時間:9~16時
  • 休み:不定休
  • URL:http://www.kurodani.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

吉田神社(京都府/京都市左京区)

吉田神社

吉田山の麓にある古社。貞観元年(859)に藤原山蔭[ふじわらのやまかげ]が、平安京の鎮守社として創建したのが始まり。その後、文明年間(1469~87)に吉田兼倶[よしだかねとも]が吉田神道を提唱し、全神道の頂点に位置づけた。境内の斎場所大元宮[さいじょうしょたいげんぐう](重要文化財)は、兼倶が創建したもので、全国の式内神3132座を合祀。ここにお参りすれば全国の神祇に参詣したのと同じ御利益があるとされている。2月2~4日の節分行事は盛大で、多くの参詣者で賑わう。紅葉は境内各所に点在し、山頂から麓までのわずかな気温差による紅葉のグラデーションを見ることができる。特に社務所前や山頂の竹中社から大文字を望む景色は美しく、人々を楽しませてくれる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:10月下旬~11月中旬
  • 主な標高:125m(吉田山山頂)
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:境内散策、竹中社より大文字を望む
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:社務所開設時間9~17時(正月・節分をのぞく)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.yoshidajinja.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

下鴨(下鴨神社)

下鴨神社(京都府/京都市左京区)

下鴨神社

京都で最も古い神社の1つで、正式には賀茂御祖[かもみおや]神社という。古代豪族賀茂氏の氏神社で、上賀茂神社と合わせて賀茂社と総称されていた。本殿(国宝)は文久3年(1863)に建替されたもの。建角身命[たけつぬみのみこと]を祭る西殿と玉依媛命[たまよりひめのみこと]を祭る東殿の2棟からなる。そのほかの社殿は53棟が国の重要文化財、境内は史跡に指定されている。5月15日に行われる京都三大祭の葵祭は、下鴨、上賀茂両神社の祭礼で、1月4日の蹴鞠[けまり]はじめなど京らしい雅な行事でも知られる。秋には大鳥居近くの参道脇の紅葉が参拝者を迎えてくれる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:12月上旬
  • 主な紅葉樹種:ケヤキ、ムク、モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:休憩所から眺める紅葉
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:6時30分~17時30分
  • 休み:無休
  • URL:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

山科(毘沙門堂)

毘沙門堂(京都府/京都市山科区)

毘沙門堂

天台宗の門跡寺院であり、本尊の毘沙門天は京の七福神の一つに数えられる。創建は大宝3年(703)。かつては上京区出雲路にあったが、応仁の乱で廃絶。天海大僧正・公海僧正が寛文5年(1665)にこの地に復興し、後西天皇の皇子が入寺して門跡寺院となった。円山応挙作の鯉の絵や、狩野益信作の宸殿の障壁画など見るべきものが多い。また枝垂桜、紅葉も美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、カエデ、ドウダンツツジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:弁天堂の周り、宸殿の縁側から見る晩翠園、勅使坂
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:もみじ祭
  • 期間:2018年11月23日
  • <基本情報>
  • 料金:拝観500円
  • 時間:8時30分~17時(12月~3月15日は~16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.bishamon.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください

るるぶダイニングのおすすめ特集

るるぶダイニング特集 京都紅葉スポット近くのレストラン

るるぶトラベルのおすすめ特集

るるぶトラベル 紅葉旅行 ホテル予約はこちら
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 山田茜 山田茜
  • 北出恭子 北出恭子
  • マイメロディ マイメロディ
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • 6151 6151
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ