京都で紅葉ライトアップや夜間特別拝観がおすすめの名所2020

醍醐寺

京都で紅葉ライトアップや夜間特別拝観がおすすめの名所2020

紅葉ライトアップ ライトアップ デート 秋におすすめ 紅葉狩り 紅葉祭り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都で紅葉ライトアップや夜間特別拝観が実施される名所の2020年情報をご紹介。ハシゴをしたいなら清水寺や高台寺など人気の紅葉ライトアップが集中する東山周辺が特におすすめ。世界遺産の紅葉ライトアップなら洛南・宇治の醍醐寺などがあります。嵐山周辺ではトロッコ列車に乗って鑑賞できる保津峡にも注目。寒さ対策を万全にして、帰りの交通手段も確認してからでかけましょう。

Summary

嵐山・嵯峨野・高雄…3件

旧嵯峨御所 大本山 大覚寺(京都府/京都市右京区)

No Image

真言宗大覚寺派本山。貞観18年(876)に嵯峨天皇の離宮を寺院に改めたもので、代々天皇や皇統の方々が住持し格式を保ってきた門跡寺院。鎌倉時代には後嵯峨、亀山、後宇多上皇がここで院政をしき、嵯峨御所とも呼ばれた。宸殿(重要文化財)をはじめ襖絵(重要文化財)など、多くの文化財がある。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:サクラ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:庭園の鑑賞
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月20~23・27~29日、12月4~6日(予定)
  • 時間:17時30分~20時30分(受付終了20時)
  • <基本情報>
  • 料金:参拝料:お堂エリア大人500円、小・中・高生300円 、大沢池エリア大人300円、小・中・高生100円※紅葉のライトアップ観賞は拝観料大人500円、小・中・高生300円(昼夜入替制)
  • 時間:9~17時(受付終了16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:https://www.daikakuji.or.jp/

保津峡(京都府/京都市右京区)

No Image

亀岡から京都・嵐山までの保津川沿い、約16kmの渓谷。保津川は、慶長11年(1606)京都の豪商・角倉了以[すみのくらりょうい]が、丹波から京へ木材・薪炭などを運搬する運河として開削したもの。明治末ごろからは船下りが人気を集めるようになり、夏目漱石も乗船している。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の渓谷美を楽しめる。紅葉を楽しむには保津川下りや嵯峨野トロッコ列車がおすすめ。トロッコ沿線のライトアップは10月中旬~12月初旬の予定。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジほか
  • おすすめ紅葉観賞方法:保津川下り、嵯峨野トロッコ列車からの眺め
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年10月中旬~12月初旬予定(トロッコ沿線のみ)
  • 時間:17時頃~18時頃
  • <基本情報>
  • 料金:無料(保津川下りは4100円、嵯峨野トロッコ列車は620円)
  • 時間:散策自由(保津川下りは9時~15時30分、嵯峨野トロッコ列車は亀岡発9時30分~16時30分)※紅葉期間は延長あり、詳細は要問合せ)
  • 休み:散策自由(保津川下りは無休、トロッコ列車は水曜、紅葉期間は無休)

宝厳院(京都府/京都市右京区)

宝厳院

(C)宝厳院

臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院のひとつである宝厳院の「獅子吼の庭」と呼ばれる回遊式山水庭園には、獅子に見える大きな岩が「獅子岩」と名づけられている。通常は非公開だが、特別公開のある春と紅葉シーズンには、歴史ある庭園にふさわしい見事な紅葉を楽しむことができる。ライトアップされた紅葉もみどころのひとつ。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、ヤマモミジ、ドウダンツツジ
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:秋の特別拝観
  • 期間:2020年9月19日~12月6日(予定) ※特別拝観期間以外は非公開、9~17時開門(本堂参拝は16時30分受付終了)
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月9日~12月6日(予定)
  • 時間:17時30分~20時30分(閉門) ※受付終了20時15分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、小・中学生300円。ライトアップは大人600円、小・中学生300円
  • 時間:9~17時(本堂拝観受付~16時30分)
  • 休み:特別公開期間以外は非公開(春・秋特別公開期間のみ拝観可)
  • URL:http://www.hogonin.jp/

洛中・洛西…1件

北野天満宮(京都府/京都市上京区)

No Image

学問の神様として信仰の篤い菅原道真公を祀る全国天満宮・天神社の宗祀(総本社)であり、天神信仰発祥の神社。北野の天神さまと親しまれ、特に受験シーズンは合格祈願の人で賑わう。境内一帯は、豊臣秀吉公が北野大茶会を催した所。三光門(重要文化財)をくぐると御本殿。現在の社殿は慶長12年(1607)豊臣秀頼公の造営である。国宝の拝殿と御本殿を石の間で結んでいる。2月25日の梅花祭には、境内で上七軒の芸舞妓による抹茶の接待があり、年末には新春御祝「大福梅」が参拝者に授与(有料)される。また、梅とともにもみじは御祭神と縁が深く、史跡御土居一帯に約350本ある。毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿が公開される。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:舞台から紙屋川を見下ろす紅葉、御土居展望所から望む国宝御本殿ほか
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:北野天満宮 史跡御土居のもみじ苑
  • 期間:2020年11月1日~12月6日(予定) 9~16時
  • 内容:期間中にさまざまな行事が行われる
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月14日~12月6日(予定)
  • 時間:日没~20時
  • <基本情報>
  • 料金:境内無料、もみじ苑の入場料大人1000円、小人500円(茶菓子付き)
  • 時間:参拝時間6時30分~17時、もみじ苑は9~16時※ライトアップ実施日は~20時
  • 休み:無休
  • URL:https://www.kitanotenmangu.or.jp/

洛東・東山…5件

清水寺(京都府/京都市東山区)

No Image

清水の舞台で知られる。宝亀9年(778)延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祀ったのが始まりで、坂上田村麻呂が延暦17年(798)に長岡京の旧紫宸殿を移築して堂宇を建造したと伝える。断崖に立つ舞台造の本堂(国宝)は徳川家光が寛永10年(1633)に再建したもので、優美な寝殿造が踏襲されている。18本の束柱が支える舞台からは京都市街を一望できる。三重塔(重要文化財)も同時期の再建。秋にはカエデが見事に色づき、紅葉を楽しむことができる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:約100~120m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、サクラ、カエデ
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月18~30日
  • 時間:17時30分~21時(受付終了)、夜の特別拝観大人400円、小人200円
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人400円、小人(小・中学生)200円
  • 時間:6~18時(季節により変動あり)
  • 休み:無休
  • URL:https://www.kiyomizudera.or.jp/

高台寺(京都府/京都市東山区)

高台寺

画像提供:高台寺

豊臣秀吉の正室、北政所(ねね)が慶長11年(1606)に秀吉の菩提を弔うために開いた寺。創建当初は徳川家康の援助もあり広大な寺域をもつ壮麗な寺であったが、度重なる火災に遭っている。桃山様式の創建当時の面影を残すのは、開山堂(重要文化財)、須弥檀や厨子の高台寺蒔絵で名高い霊屋[おたまや](重要文化財)、伏見城から移した茶室傘亭(重要文化財)と時雨亭(重要文化財)、表門(重要文化財)、観月台(重要文化財)など。小堀遠州作の庭園(名勝・史跡)も見ごたえあり。紅葉時は、臥龍池水面に色づいた木々が映え美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデなど
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年10月23日~12月13日
  • 時間:17時~21時30分(閉門22時)
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人600円、中・高校生250円
  • 時間:9~17時(季節により変動あり)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.kodaiji.com/

知恩院(京都府/京都市東山区)

知恩院

(C)総本山知恩院

京都・東山三十六峰の一つ華頂山のふもとに広がる浄土宗の総本山。法然上人が承安5年(1175)居を構え、「南無阿弥陀仏」と称えるとすべての人が救われるという念仏の教えを説き、生涯を閉じた念仏の聖地である。法然上人の御廟や御堂、日本最大級の三門など、多くの国宝や重要文化財の伽藍が立ち並んでいる。秋には約200本のいろはもみじが色づく。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジほか
  • おすすめ紅葉観賞方法:境内・庭園の散策
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月7~29日
  • 時間:17時30分~21時30分(21時受付終了)
  • <基本情報>
  • 料金:境内自由(友禅苑大人300円、小・中学生150円、方丈庭園 大人400円、小・中学生200円)、ライトアップは大人(高校生以上)500円、小・中学生300円
  • 時間:9~16時
  • 休み:無休
  • URL:https://www.chion-in.or.jp/

くろ谷(金戒光明寺)(京都府/京都市左京区)

くろ谷(金戒光明寺)

京都では「黒谷さん」と親しまれる浄土宗の大本山。承安5年(1175)、法然上人が比叡山の黒谷を下りここに草庵を結んだのが始まりといわれる。建物は何度かの火災のたびに建て直されている。現在は、山門、納骨堂、阿弥陀堂、御影堂、方丈、三重塔(重要文化財)などのほか、18の塔頭寺院が立ち並ぶ。蓮池院[れんちいん](熊谷堂)は、一の谷の合戦で平敦盛の首をとった熊谷直実[くまがいなおざね]の住房跡として知られる。紅葉のほか、サクラの葉などの色どりと伽藍のコントラストが美しい。秋の特別公開として令和2年(2020)11月13日~12月6日に御影堂・大方丈・庭園および山門の拝観ができる(庭園1000円、山門共通1600円)。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、イチョウ、サクラ
  • おすすめ紅葉観賞方法:特別公開の紫雲の庭はJR東海「そうだ京都、行こう」のCMでも使われた庭
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月13日~12月6日
  • 時間:18時~20時30分 ※完全予約制、京都コネクト株式会社TEL:075-203-2940、担当:山口
  • <基本情報>
  • 料金:境内は無料、秋の特別公開(2020年11月13日~12月6日)のみ庭園1000円、山門共通1600円、公式サイトでの事前予約優先、問合せ先京都市観光協会TEL:075-213-1717
  • 時間:9時~16時30分(受付は~16時、山門共通の受付は~15時15分)
  • 休み:不定休
  • URL:https://www.kurodani.jp/

禅林寺(永観堂)(京都府/京都市左京区)

禅林寺(永観堂)

永観堂 禅林寺

広い境内には山を負うように諸堂が並び、釈迦堂・御影堂など多くの建物は回廊で結ばれている。寺は、平安時代初期に真紹僧都が建立したのが起こりと伝える。境内にはカエデや松が多く、11月中旬~下旬の紅葉は見事。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:カエデ、イロハモミジ、オオモミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:放生池周辺のモミジを見るのがおすすめ
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:寺宝展
  • 期間:2020年11月7日~12月6日 ※駐車場利用不可
  • 内容:通常拝観できない寺宝を特別公開
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月7日~12月6日
  • 時間:17時30分~20時30分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人600円、小・中・高校生400円。2020年11月7日~12月6日は大人1000円、小・中・高校生400円、夜間ライトアップ600円
  • 時間:9~17時(受付は~16時)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.eikando.or.jp/

洛北・大原・貴船…3件

曼殊院(竹の内門跡)(京都府/京都市左京区)

曼殊院(竹の内門跡)

もとは比叡山西塔にあり東尾坊と呼ばれたが、その後各地を巡る。明暦2年(1656)桂離宮を造営した八条宮智仁[としひと]親王の子である良尚法親王により、この地に移転された。小さな桂離宮ともいわれ、数寄屋造の大書院(重要文化財)には主座敷が2間あり、間仕切りの卍くずしの欄間の意匠などに桂離宮の影響がうかがえる。続く小書院(重要文化財)の襖絵は狩野探幽作と伝えられ、黄昏の間には、10種類の寄せ木で造られた「曼殊院棚」と呼ばれる違い棚がある。書院前の枯山水の庭園(名勝)があり、11月の紅葉のころが特に美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:10月下旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:夕暮時の紅葉が特に美しい
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月1~13日
  • 時間:17~20時(受付は~19時30分)
  • <基本情報>
  • 料金:拝観600円、茶室1000円要予約
  • 時間:9~17時(受付は~16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:https://www.manshuinmonzeki.jp/

京都府立植物園(京都府/京都市左京区)

No Image

大正13年(1924)に開園、総面積24万平方mという全国有数の公立総合植物園。広大な園内には約1万2000種類の植物が植栽・展示されており、四季折々に美しい。植物園北側には自然林を残した「なからぎの森」があり、秋にはモミジやフウ、サクラ、イチョウ、メタセコイア、ランシンボクなど約500本の樹々が色鮮やかに紅葉・黄葉する。特に、2回目の開催となる、なからぎの池周辺のモミジや、世界の樹々の紅葉ライトアップは必見。植物園ならではのライトアップが楽しめる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:74m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、サクラ、フウ、イチョウ、メタセコイア、ランシンボク
  • おすすめ紅葉観賞方法:園内散策
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:秋の植物園フェスタ
  • 期間:2020年11月21・22日
  • 内容:紅葉散策ツアーなど開催
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月14~29日
  • 時間:日没~20時(入園は~19時30分)
  • <基本情報>
  • 料金:入園一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上・障がい者(要証明書提示)無料 ※観覧温室は別途一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上・障がい者(要証明書提示)無料
  • 時間:9~17時(入園は~16時)、観覧温室10~16時(入室は~15時30分)
  • 休み:無休(12月28日~1月4日は休業)
  • URL:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

しょうざんリゾート京都(京都府/京都市北区)

しょうざんリゾート京都

着物メーカーが開いた施設で、広大な日本庭園や染織工芸館、食事処などさまざまな施設がある。秋の紅葉も美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:116m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:回遊式の日本庭園をゆっくり散策
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年10月31日~12月6日
  • 時間:17時30分~20時
  • <基本情報>
  • 料金:入館無料、庭園は500円(食事利用者は300円)※紅葉ライトアップ期間は1人700円
  • 時間:9~21時(一部施設は異なる)、庭園は~17時(紅葉ライトアップ期間は17時30分~20時)
  • 休み:無休(一部施設は異なる)
  • URL:http://www.shozan.co.jp/

洛南・宇治…1件

醍醐寺(京都府/京都市伏見区)

醍醐寺

醍醐寺

醍醐山全山を寺域とする京都屈指の大規模寺院で、真言宗醍醐派の総本山。山上の上[かみ]醍醐と山下の下[しも]醍醐に分かれ、80余りの堂塔が立つ。貞観16年(874)に修験道中興の祖でもある聖宝・理源大師[しょうぼう・りげんだいし]が開き豊臣秀吉が再興。国宝、重要文化財を含む10万点以上の文化財を所蔵し、世界文化遺産でもある。慶長3年(1598)の「醍醐の花見」は有名だが、その年の秋に秀吉はここ醍醐寺で「モミジ狩り」を計画したが果たせなかった。「秋期夜間拝観」は11月13日~12月6日の18時~20時50分(受付終了20時10分)、詳細は公式サイト参照。写真は弁天堂(秋景)。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:454m(上醍醐)
  • 主な紅葉樹種:イチョウ、イロハモミジ、ドウダンツツジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:ビューポイントは、三宝院庭園、伽藍の林泉、上醍醐の開山堂
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月13日~12月6日
  • 時間:18時~20時50分(受付終了20時10分)
  • <基本情報>
  • 料金:大人1000円、中・高生700円(三宝院庭園・伽藍)※霊宝館庭園・仏像棟は無料。春期(3月20日~5月GW最終日)は大人1500円、中・高生1000円(三宝院・伽藍・霊宝館)、三宝院御殿特別拝観・霊宝館特別展示は中学生以上500円
  • 時間:9~17時(12月第1日曜の翌日~2月末は~16時30分)、閉門30分前受付終了
  • 休み:無休
  • URL:https://www.daigoji.or.jp/

京都市外…1件

府立笠置山自然公園(京都府/相楽郡笠置町)

府立笠置山自然公園

笠置町

笠置山上に位置し、1300年の歴史をもつ笠置寺境内にある「もみじ公園」では、時期になると鮮やかに敷き詰められた落ち葉とともに、真っ赤に染められた紅葉が見られ、夜のライトアップもみどころ。また、笠置山の麓には、木津川の美しく見事な渓谷も見られる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:289m
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:笠置寺境内のもみじ公園
  • <ライトアップ>
  • 期間:2020年11月1~30日
  • 時間:17~21時
  • <基本情報>
  • 料金:大人300円、中学生100円 ※ただしライトアップ時間中は無料
  • 時間:散策自由、拝観料受付8~17時(冬期は~16時)、ライトアップ期間中は~21時まで拝観可
  • 休み:散策自由
  • URL:https://kasagi-rock.kyoto/
  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください

るるぶトラベルのおすすめ特集

るるぶトラベル 紅葉旅行 ホテル予約はこちら
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください