乗り物から桜名所のお花見を!SL、遊覧船、馬車など(2023年版)

真岡鐵道

乗り物から桜名所のお花見を!SL、遊覧船、馬車など(2023年版)

お花見 乗り物 観光船 馬車道 春におすすめ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

いつもとは違うスタイルで桜を楽しむなら、乗り物からのお花見はいかが? SL列車や馬車、オープントップバス、人力車などから桜並木を眺めたり、遊覧船からライトアップされた夜桜を鑑賞したり…と、ちょっとツウな桜のお花見を満喫してみては。

Summary

SL&トロッコ列車でお花見…4件

真岡鐵道(栃木県/真岡市)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬
[桜スポット名] 北真岡駅、久下田駅、北真岡駅東側

真岡鐵道

真岡鐵道

桜並木と菜の花畑のコントラストを楽しもう
真岡鐵道株式会社は、全長41.9kmの区間でDC(ディーゼルカー)とSLを運行している第三セクターの会社。土・日曜に、年間を通じて運行しているSL列車は全国でも数少ない。速度が50kmから60kmとゆったりと走るSL列車の車窓からは、1年を通してさまざまに色合いを変える田園風景を眺めることができ、何度乗っても新しい発見が期待できる。久下田駅の桜と、北真岡駅からの約2kmの桜並木や菜の花は、絶対に見逃せない春の風景だ。SLキューロク館にある、大正時代の9600形SLが空気圧縮の力で土・日曜、祝日に1日3回動く。また平成27年(2015)11月からD51形SLが展示された(SLキューロク館は火曜休館)。

乗務員からひとこと!
真岡線の北真岡駅から続く桜並木と菜の花を車窓から楽しむことができます。全国で一、二を争う桜並木であり推薦に値する場所です。ゆったりした気分で、春の桜満開の光景をどうぞ楽しんでください。

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:下館駅
  • 催行日:通年(SLは土・日曜)
  • 区間:下館駅~茂木駅
  • 時間:SL運行ダイヤ[行き]下館駅10時35分発→茂木駅12時6分着/[帰り]茂木駅14時26分発→下館駅15時56分着
  • 予約:予約優先。空席がある場合は当日券販売あり/公式サイトからの事前申込
  • 料金:下館~茂木間:運賃大人1050円(小児半額)、SL料金500円(小児半額)
  • URL:http://www.moka-railway.co.jp/

秩父鉄道・SLパレオエクスプレス(埼玉県/熊谷市)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月中旬(地域により異なる)
[桜スポット名] 長瀞» 詳細はこちら

秩父鉄道・SLパレオエクスプレス

(C)秩父鉄道

21世紀を走る唯一のC58型で桜並木へGO!
昭和19年(1944)に製造されたC58 363は旧国鉄で活躍したSL。昭和47年(1972)に引退後は埼玉県内の小学校に保存されていたが、昭和63年(1988)の「さいたま博」より秩父鉄道での運転を再開。全車指定席のため、秩父鉄道公式サイト内の予約システムより事前予約が必要。

乗務員からひとこと!
長瀞駅周辺より荒川橋梁付近まで桜並木の中を走行します。車窓より桜をご覧になれます。荒川橋梁は167mと秩父鉄道で一番長い鉄橋。眼下に荒川の流れをご覧になれます。

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:熊谷駅
  • 催行日:運転日要問合せ
  • 区間:熊谷駅~三峰口駅(往復)
  • 時間:公式サイト要確認
  • 予約:要予約/秩父鉄道公式サイト内の予約システムにて1カ月前より予約受付
  • 料金:普通乗車券のほか指定席券料金は公式サイト要確認

大井川鐵道(静岡県/島田市)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬
[桜スポット名] 家山桜トンネル» 詳細はこちら

大井川鐵道

SL乗車と沿線の名所・桜トンネルを満喫!
大井川鐵道は、金谷駅~千頭駅までの本線と、千頭駅~井川駅までの井川線を運行。本線ではSLが通年で運行し、車内ではSL専務車掌によるパフォーマンスが旅の雰囲気を盛り上げる。その他レトロな客車・駅舎は映画・TVのロケで使われることも多い。井川線ではアプトいちしろ駅~長島ダム駅間がラックレールという歯型のレールをかみ合わせて急勾配を上る日本唯一のアプト式区間で、スリル満点の景色が楽しめる。春は南から北へ、大井川沿いを桜が華やかに彩る。写真は大井川鐵道のSL列車。※令和4年(2022)9月台風15号の影響で、SLは新金谷駅~家山駅間の運転。

乗務員からひとこと!
沿線で桜の名所といえば、家山駅から歩いて約10分の“桜トンネル”が人気です。満開の桜が、鉄道沿いに1km続くトンネルをつくります。この時期、周辺ではさまざまなイベントも行われ、全国から多くの花見客で賑わいます。

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:新金谷駅(SL始発駅)
  • 催行日:普通電車・井川線は毎日運転。SL(EL)急行列車の運転日は公式サイト要確認
  • 区間:新金谷駅~千頭駅(SL・EL運行区間)
  • 時間:新金谷発11時52分、家山着12時20分 その他増便あり
  • 予約:予約可、当日券もあり(空席がある場合)/電話または公式サイトから要予約
  • 料金:公式サイト要確認
  • URL:http://oigawa-railway.co.jp/

嵯峨野観光鉄道(京都府/京都市右京区)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬
[桜スポット名] 嵐山・嵯峨野・亀岡» 詳細はこちら

嵯峨野観光鉄道

トンネルを抜けると保津川の絶景!
トロッコ嵯峨駅とトロッコ亀岡駅間の保津川沿い7.3kmを25分で繋ぐ観光列車。8つのトンネルを抜けるたびに保津川の渓谷美が目に飛び込んでくる、特に春のサクラと秋の紅葉は美しい。

乗務員からひとこと!
沿線の桜は約700本ほど植樹されており、特にトロッコ亀岡駅手前は桜のトンネルとなっております。また、保津川の自然の景観も楽しんでください。

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:トロッコ嵯峨駅・亀岡駅
  • 催行日:公式サイト要確認(不定休、12月30日~2月末は冬期運休)
  • 区間:トロッコ嵯峨駅~トロッコ亀岡駅
  • 時間:嵯峨発9時02分~16時02分(毎時02分発)、亀岡発9時30分~16時30分(毎時30分発)、季節により臨時列車運行、部分運休あり
  • 予約:要予約(当日券もあり)/乗車1カ月前よりJR西日本の一部駅の「みどりの窓口」、e5489(JR西日本ネット予約)、全国の主な旅行会社で販売
  • 料金:片道大人880円、子ども(小学生)440円
  • URL:http://www.sagano-kanko.co.jp/

遊覧船でお花見…4件

東京都観光汽船・隅田川 お花見船&夜桜船(東京都/台東区)

[例年の見頃時期] 3月下旬~4月上旬
[桜スポット名] 隅田公園» 詳細はこちら

東京都観光汽船・隅田川 お花見船&夜桜船

昼も夜も船上から粋なお花見を楽しもう!
隅田川随一ともいえるお花見どころ・墨堤千本桜や、隅田川の新名所・中央大橋付近の桜を楽しむことができる。江戸の船遊びを気軽に楽しめる。夜桜と一緒にライティングされたスカイツリーも堪能できる。※夜桜は状況により変更の場合あり。

乗務員からひとこと!
おススメは夜桜船:桜橋周遊コース。夕闇に浮かぶ華やかな桜、ライトアップされた桜を見られます(予定)。予約はお早めに!

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:浅草・吾妻橋
  • 催行日:【お花見船】例年3月中旬~4月上旬、【夜桜船】例年3月中旬~4月上旬
  • 区間:【お花見船】浅草~浜離宮~日の出桟橋/【夜桜船】浅草~(桜橋周遊)~浅草
  • 時間:【お花見船】9時35分~15時35分(30分間隔)/【夜桜船】18時、19時※開花状況により増減便あり
  • 予約:【お花見船】要予約【夜桜船】要予約/公式サイトにて予約
  • 料金:【お花見船】大人片道860円、【夜桜船】大人1360円
  • URL:http://www.suijobus.co.jp/

びわ湖観光船オーミマリン 海津大崎 桜花見船(滋賀県/彦根市)

[例年の見頃時期] 4月上旬~中旬
[桜スポット名] 海津大崎(琵琶湖)» 詳細はこちら

びわ湖観光船オーミマリン 海津大崎 桜花見船

さくらの名所100選のひとつを船から望む
「さくらの名所100選」のひとつ、海津大崎の桜(湖岸約4km)を観光船から鑑賞することができる。さらに海津大崎港から桜並木のトンネルの下を自由散策で楽しむことも。まさに桜を満喫できる「花見船就航」だ(事前予約が必要)。

乗務員からひとこと!
彦根港からびわ湖の雄大な景色をご覧いただき、海津大崎では桜並木の湖岸沿いを航行いたします。船上からの桜観賞は絶景!海津大崎港着岸後は自由散策時間を設けております。陸上からの桜もご覧いただき、桜を満喫ください。

  • <乗り物データ>
  • 乗り場:彦根港
  • 催行日:2023年4月1~16日、桜の開花状況により変更の場合あり
  • 区間:彦根~海津大崎(往復所要3時間、海津大崎散策時間含む)
  • 時間:彦根港9時30分・10時30分・13時・14時・15時発(詳細要確認、15時発は上陸なし)
  • 予約:要予約/電話または公式サイト
  • 料金:彦根~海津大崎:大人3500円、小学生1750円 ※曜日、運航便により変動あり
  • URL:http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気ランキング

おすすめ情報

おすすめ特設ページ

エディターズ紹介バナー

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください