“コンビニアイス”とは一味違う?新食感がクセになるインスタ映えアイス3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ アイスクリーム カフェ スイーツ フォトジェニックスイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

あたたかくなり、アイスが恋しい季節がやってきます。手軽でおいしく食べられるコンビニアイスをよく買うという方も多いでしょう。しかし今回おすすめしたいのは、わざわざ食べに行きたくなるアイスクリームのお店。新食感&インスタ映えで話題のお店をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

Summary

パクっと頬張れば未知の幸せ食感!「Sign KICHIJOJI」のクッキーサンド

2018年4月、アトレ吉祥寺にオープンしたカジュアルダイニング「Sign KICHIJOJI(サイン吉祥寺)」はフォトジェニックな店内とどこか懐かしいカフェメニューが話題となり、連日大盛況。なかでも話題沸騰の予感がするのが見た目もかわいい「クッキーサンド」です!

「サイン吉祥寺」の「クッキーサンド」(500円)は数種類のクッキーとジェラート、トッピングからお気に入りをチョイスします。その組み合わせは100通り以上もあるのだとか!どんな組み合わせにしようか迷った時は、先に気になるジェラートを選んで、お店の人におすすめのチョイスを聞いてみて!

クッキーはどれもぶ厚くてボリューミー!ジェラートを挟んでいても最後までザクザク食感を楽しめます。

まずチョイスした組み合わせはチョコレートクッキーといちごクリームチーズのジェラートに、トッピングはベリー。チョコレートカラーと鮮やかなベリーの色合いがなんともフォトジェニック…!これはパシャリと撮ってSNSで自慢したくなっちゃいますね。

ひと口頬張ると、ザクザクのクッキーの食感の後にひんやりアイスが口の中でジュワッと広がります!トッピングに選んだベリーのカリカリ食感もアクセントになっています。いちごのジェラートの爽やかさとクリームチーズのコクのある味を甘さ控えめのチョコレートクッキーがまとめてくれて、ちょっと大人の味に。

さっぱりと味わいたい時におすすめなのがシャーベット。チョコチップクッキーとローズフランボワーズのシャーベットは味がすっきりとしているので、食後におすすめの組み合わせ。
すっきりとしていて程よい酸味と甘みのフランボワーズシャーベットは暑い夏にもぴったり。カラースプレーをトッピングするとかわいさもグンとアップしますよ!

インスタ映えスイーツの最先端!カラフル生地で作る「アイスクリームタコス」

「電球ソーダ」や「どうぶつえん」など多くのSNS映えスイーツを生み出してきたショップ「原宿電気商会」。すでに海外では大ブームとなっている「アイスクリームタコス」が、このお店でも食べられるようになったんです!

「明治神宮前駅」から歩いて5分ほどの場所にある「原宿電気商会」。店内には、カラフルな電球や「どうぶつえん」の自動販売機など、写真映えしそうなアイテムがたくさん!原宿らしいおしゃれで可愛い雰囲気が漂っていて、写真を撮りたい衝動にかられます!

そんな「原宿電気商会」の新しいメニューがこちらの「アイスクリームタコス」。カラフルなワッフル生地の上にチョコレート味のロールアイスやカラフルなコーンフレークなどが盛り付けられた、その名の通りタコスのような見た目のスイーツです。

「原宿電気商会」で1番人気は写真の「チョコレート」(600円)。うさぎの耳のかたちをしたクッキーや、カラフルなトッピングシュガー、ふわふわのマシュマロがギュッとひとつになった姿はひときわフォトジェニック!

続いては、さわやかなベリーの甘さが引き立つ「ストロベリー」(600円)。ストロベリー味のロールアイスに、チョコチップクッキーと数種類のベリーが盛り付けられています。ベリーの酸味とトッピングの甘さがいいコンビネーションで、クセになるおいしさ!

甘さ控えめな味がお好みの人には「抹茶」(600円)がおすすめ!抹茶のロールアイスに、こちらを見つめるクマが最高にキュートなクッキーと、カラフルなチョコレートなどトッピングしたかわいらしい1品です。

抹茶のかすかな苦みがホイップクリームとマッチして、ちょうどいい甘さに!最後のひと口までおいしい1品です。

最後に紹介するのは、ワッフルの鮮やかなブルーが目を引く「クッキー&クリーム」(600円)。ロールアイスの上に、ココアビスケットと星形のポップなトッピングシュガーなどが飾り付けられています。

クッキー&クリームの濃厚な味わいはもちろん、星型シュガーのつぶつぶ食感とコーンフレークのザクザク食感も楽しい!


あつあつの揚げパンにソフトクリームをIN!食感が楽しいパンスイーツ

アイスコルネット(抹茶) 460円
アイスコルネット(抹茶) 460円

六本木で話題になっている、あつあつに揚げたコロネ型のパンにソフトクリームを組み合わせたスイーツ「アイスコルネット」がいまスイーツ女子の注目の的に!どうやら「Cafe Frangipani」(カフェ フランジパニ)」というカフェで楽しめるそう。

六本木ヒルズからほど近くにある「カフェ フランジパニ」。さっそく話題の「アイスコルネット」(460円)をオーダーしてみます。この「アイスコルネット」は、コロネ型のパンを専用のフライヤーであつあつに揚げ、その中にひんやりとしたソフトクリームを組みわせたスイーツです。静岡県・浜松市発祥のスイーツだそうで、都内では数店しか取り扱っていないのだとか。

注文が入ってから揚げるコロネ型のパンは、あえてちょっと硬めのカリカリ食感に仕上げています。この揚げたてパンのカリカリと、まろやかなソフトクリームの食感に加え、“熱いけど冷たい”不思議なスイーツが楽しめると、人気メニューになっています。

アイスコルネット(ストロベリー) 460円
アイスコルネット(ストロベリー) 460円

コロネに入るソフトクリームは、バニラ、チョコレート、ストロベリー、抹茶の4種類から選ぶことができます。好きなソフトクリームが入ったできたての「アイスコルネット」を渡されたらすぐに食べ始めて!揚げパンの熱さですぐにソフトクリームが溶けてきます。

ソフトクリームを食べながら、あつあつ&カリカリの揚げパンをかじれば、口の中でクリーミーな甘さとコロネの絶妙な塩気がハーモニーを奏でます。あつあつとひんやりが同時に展開する、不思議なおいしさが楽しめます。

「カフェ フランジパニ」には「アイスコルネット」以外にも話題の“映え”アイテムが…!?それが、店内中央に鎮座する存在感たっぷりのワーゲンバス!実はこのワーゲンバスを屋台にして始まったのが「カフェ フランジパニ」なのだそう。お店の原点ともいえるワーゲンバスを、店内のオブジェとして使っちゃう大胆なアイデアにお店のこだわりを感じます。

ヴィンテージ感あふれるワーゲンバスは、“看板娘”ならぬ“看板車”としてお客さんを出迎えてくれますよ。

このワーゲンバスは単なるオブジェにとどまらず、実際に4名まで座ることができるテーブル席として活用されています!まるで車内のような雰囲気で食事を楽しむことができる遊び心満点で人気の席は、お店の“映え”スポットにもなっています。

「カフェ フランジパニ」では予約もできるので、人気の絶えないこの席に座りたいのであれば、事前に電話をかけてみるのがおすすめです。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • セレイナアン セレイナアン
  • 下川友子 下川友子
  • yui yui
  • Masa Masa
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ