何コレすごい!一生に一度は行きたい華やかカフェ3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
関東 食・グルメ カフェ スイーツ カラフル チーズケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ゆったり落ち着けるカフェもよいですが、たまには内装にインパクトのあるカフェに行くのはいかがでしょう。今回は、入った瞬間思わず歓声をあげたくなるカフェをご紹介します。インスタ映えも狙える、一生に一度は行きたい華やかカフェ。ぜひ参考にしてくださいね。

Summary

極彩色の世界はまるでテーマパーク!?クレイジーな原宿KAWAIIのカフェレストラン

世界のファッションやカルチャーを飲み込んで新しいオリジナルの文化を生み出してきた、カラフルでクレイジーな街・原宿。そんな原宿をモンスターに見立てて形にしたのが、ここ「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」です。

イメージキャラクターのチョッピーの舌の上を通って入り口へと向かうのですが、この扉の向こうにどんな世界が広がるのか、入店前からワクワクドキドキが止まりません!

エントランスを抜けると、「SWEETS GO ROUND(スイーツゴーラウンド)」と呼ばれる巨大なメリーゴーランドがどーんと目の前に現れます!

店内は異なる4つのテーマで構成されています。大きなマカロンやイチゴが飾られた「Mel-TeaROOM(メルティールーム)」(写真左)は、メルヘンでキュートな甘い空間。あやしく光る大きなクラゲに包まれた「Bar Experiment(バーエクスペリメント)」(写真右)は、カウンター席になっているので落ち着いた時間を過ごせると海外の方にも人気です。

続いて、こちらはカラフルで毒々しいキノコと宇宙植物が生い茂っている空間が広がる「MUSHROOM DISCO(マッシュルームディスコ)」(写真左)。巨大なユニコーンが印象的な「MILK STAND(ミルクスタンド)」(写真右)は頭上を埋め尽くす大量の哺乳瓶が照明の役割を果たしています。

それぞれのエリアでコンセプトが異なるので、何度来ても楽しめるのも「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」ならではの魅力。まるでテーマパークに来たみたい!

そんなテーマパークのような空間で供されるフードメニューもインパクト大。写真は看板メニューの巨大パフェ「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム!」(2300円)です。クリームはオレンジ、メロン、ミント、ブルーベリー、ストロベリーの5つ。ロールケーキやアイスクリーム、フルーツが盛られ、高さは30cm以上!

昼はポップでカラフルなカフェスタイル、夜はディープでダークなディナースタイルと昼と夜でコンセプトが変わるところも見どころです。

KAWAII文化を象徴する世界観を体験できるのは、きっとここ「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」だけ。退店後は1日テーマパークで遊んだあとのような、満足感が味わえますよ!

■参考記事:クレイジーな原宿KAWAIIのカフェレストラン!極彩色の世界はまるでテーマパーク!?(配信日:2018.04.26)

SNSで話題!乃木坂46のMVロケ地にもなった、真っ赤な唇の派手カワカフェ

SNSで「派手カワで気分がアガる」「女子会やパーティーに最高」と評判の「カフェフラミンゴ」。渋谷・宇田川町オルガン坂裏エリアに立ち並ぶ個性的なショップのなかでも、異彩を放つ存在です。その存在感は、乃木坂46のミュージッククリップのロケ地に選ばれるほど。一度見たら忘れられない、“派手カワカフェ”に注目!

まるで浮き出ているような、大きな唇のイラストが一面に描かれた壁。天井にはギラギラと光るいくつものミラーボールが回転。そこにいるだけで、自然と気分がアガる、不思議な空間です。

店名にもなっているフラミンゴは、柱や壁にキュートなイラストで描かれています。お店に行ったら要チェック!

クランベリーフロート:850円
クランベリーフロート:850円

インテリアもさることながら、ドリンクやケーキも派手カワ!フォトジェニックな見た目で話題のソーダフロートは5種類から選べます。一番人気は、爽やかな甘酸っぱさが口の中で広がる「クランベリーフロート」。グリーンが真っ赤なインテリアに映える定番の「クリームソーダ」もオススメ。

友人とまったりお茶するもよし、女子会でワイワイ飲むのもよし。フォトジェニックな壁に囲まれながら食事ができるカフェで、気分がアガるひと時を過ごしてみませんか。

■参考記事:SNSで話題!乃木坂46のMVロケ地にもなった、真っ赤な唇の派手カワカフェ(配信日:2018.04.18)

鎧の騎士が出迎えてくれる豪華絢爛なコーヒーの大学院

JR関内駅南口から徒歩5分。1974年から横浜スタジアムの目の前に店を構える老舗喫茶店「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」をご存知ですか?コーヒーについて勉強する学校…ではないんです。“香り高い一杯のコーヒーを吟味してお出しする”という理念から、最高学府である「大学院」を名に冠したそうなんです。つまり、とってもおいしいコーヒーが飲めるお店ということ。でもただそれだけではないんです…。

シャンデリアが煌めくこの豪華な部屋は「オーキッド」と呼ばれる特別室です。こんなに眩いサロンですが、禁煙ルームとして誰でも利用することができるんですよ。

テーブルは大理石、カトレアの花が描かれた美しいモザイク画の前にはライオンのブロンズ像も!2018年の現代にこれと同じ部屋を造ろうとすれば、一体いくらかかるのか…。おそらく再現は不可能というくらい贅を尽くしたゴージャスすぎる空間なんです。

何をしに来たのか忘れそうですが、ここは紛れもなく喫茶店。コーヒーを飲みに来たのです。

ヨーロッパ王室の王冠が描かれた色鮮やかなステンドグラスもポイントのひとつ。壁に組み込まれていて照明の役割も担っていました。シャンデリア越しに撮影するとゴージャスさが引き立ちます!

喫茶店なのにこのゴージャス感。なぜなのか不思議ですよね。そこには“コーヒーを豊かに楽しんでほしい”という創業者の想いが込められていました。

これほど豪華絢爛な空間でありながらも会員制というシステムを取らなかったのは、コーヒーをただ飲むだけでなく、どんな人にとってもそのひとときが“一番の至福”であるように。という強いメッセージと願いが込められているのだそう。

入口には鎧の騎士が!これならセキュリティーもバッチリそうですね。

コーヒーとミルクを同時に注ぐスタイルは、創業当時から変わらないのだとか。目の前で繰り広げられるコーヒーのパフォーマンスで、ちょっとした特別感に浸ることができました。あらかじめカップの中に生クリームが入っているので、まろやかな味わいが堪能できます。

カフェ・オレ 730円~
カフェ・オレ 730円~

ストレートコーヒーはオリジナルブレンドをはじめ、全11種。オーダー後、一杯ずつ20gの豆を挽いてからサイフォンでたててくれます。カフェ・オレなどのバラエティーコーヒーは全7種。何にするか迷ったらぜひお店の方に相談を。豆の産地から味の違いまで詳しく解説してくれますよ。

2019年に45周年を迎える「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」。これまでその存在を知りながらも「敷居が高そう…」と中々足を踏み入れることができなかった人も多いのでは。今日を境に、至福のコーヒータイムを過ごしに行ってみてくださいね。

■参考記事:鎧の騎士が出迎えてくれる豪華絢爛な「コーヒーの大学院」へ(配信日:2018.06.22)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 東原妙子 東原妙子
  • もえのあずき もえのあずき
  • 6151 6151
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 北出恭子 北出恭子
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ