都内とは思えない!緑あふれる驚きの空間が広がる古民家ゲストハウス

都内とは思えない!緑あふれる驚きの空間が広がる古民家ゲストハウス

おでかけ ゲストハウス 古民家 古民家カフェ オーガニック 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京都台東区の入谷に位置する、築100年の古民家を改装したゲストハウス「toco.」。スタッフの心温まるおもてなしにリピーターが多く、予約がなかなか取れない人気宿として知られています。2019年春よりカフェの運営も始め、7月には新しいタイプの客室が増えるなど、新しい試みがスタート。今回はそんな「toco.」の魅力をご紹介します!

Summary

緑あふれる庭園と古民家ゲストハウス

東京メトロ日比谷線・入谷駅から徒歩2分。住宅街に溶け込む白い外観の建物が「ゲストハウスtoco.(トコ)」の入り口となるリビングバーです。

スタッフに案内されて奥の扉を開けると、緑あふれる庭園と古民家が…!都心にこんな日本家屋があるなんて驚いてしまいますね。

こちらを運営するのは、「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を。」がコンセプトの「Backpackers’ Japan(バックパッカーズジャパン)」。

今回ご紹介する入谷の「toco.」をはじめ、蔵前の「Nui.」、京都の「Len」、東日本橋の「CITAN」と、旅人から地域の人まで気軽に交流できるゲストハウスを運営しています。

宿泊棟は大正時代に建てられた築100年を超える日本家屋。
母屋は、木造特有の自然な風合いを大切にしながら、ゲストが快適に過ごせるよう改装しています。
廊下のレトロなガラス戸から緑あふれる庭園を見渡すことができ、まるで1枚の絵画を見ているかのよう。

庭のなかにはなんと、重要有形民俗文化財「下谷坂本の富士塚」が!
こちらは「小野照崎神社」にある富士塚で、ちょうど「ゲストハウスtoco.」との境目に位置しているのです。
関東の富士信仰を持つ人々が富士山の溶岩を積み重ねて作った山で、一般開放された際に登ると富士登山と同じご利益があると言われています。

木のぬくもりが伝わる客室と共用部

1階のドミトリーは男女共用と女性専用の2部屋を用意。各ベッドにはカーテンがついているので、プライバシーも確保できます。
ドミトリー内にはロッカーも完備されており、貴重品の管理もバッチリです。

キッチンとダイニング/ゲストハウスtoco.
キッチンとダイニング/ゲストハウスtoco.

キッチンとダイニングでは、調理器具や食器をはじめ、種類豊富な調味料を自由に使用できます。
さらにお米は1合から購入可能なので、自炊したい方にぴったり。
休憩スペースとしてお茶を飲みながらゆっくり過ごすのもおすすめです。

木の扉を開くと、シャワールームと脱衣所が。
シャワー内にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープが用意されています。

2階女性専用ドミトリー/ゲストハウスtoco.
2階女性専用ドミトリー/ゲストハウスtoco.

これまでは1階に2つのドミトリーがありましたが、2019年7月には2階に女性専用のドミトリーを移動し、さらに、モダンなインテリアが広がる個室もオープン予定!

2階個室/ゲストハウスtoco.
2階個室/ゲストハウスtoco.

個室には庭を見渡せるテラスもついており気持ちよく過ごせそうです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ヘルシーなカフェで味わう絶品カレー!

こちらは宿泊者が気軽に利用できるリビングバー。虹色の階段とツリーハウスを模したバーカウンターが目を引きます!
入谷周辺のイベント情報が書かれたフライヤーも置かれているので、おでかけの参考にしてみるのもよさそうです。

カレー(税込700円)/ゲストハウスtoco.
カレー(税込700円)/ゲストハウスtoco.

9時30分から16時30分まで(毎週火曜の定休日を除く)は、「Cafe Fluorite -Healthy life by n.Lab-(カフェ フローライト ヘルシー ライフ バイ エヌラボ)」として営業しており、カレーやホットサンド、スムージーなどを提供。
カレーランチは「日替わりカレー+ミニサラダ+プーアールジンジャーティー(税込850円)」をセットで提供しています。
全てのメニューは化学調味料無添加で作られているので、ヘルシーでおいしい料理を味わえますよ!
一部のメニューはテイクアウトも可能です。

今回は夜のバータイムで提供される週替わりのカレーから「きのこのジンジャーポークカレー」(税込800円)をご紹介。
具材は、きのこに旬野菜のトマトやなす、豚肉などが盛りだくさん!
生姜やスパイスを効かせて夏っぽく仕上げているところがポイントです。お米は十八穀米を使用しており、栄養もしっかりとれますよ。

リビングバー/ゲストハウスtoco.
リビングバー/ゲストハウスtoco.

都内でも貴重な古民家の雰囲気が味わえるゲストハウス「toco.」。
宿泊しなくても、リビングバーにふらりと立ち寄るのもおすすめです。笑顔で迎えてくれるスタッフとお話していると、ついつい時間を忘れて長居してしまいます。

ぜひ一度、足を運んでみてくださいね!

■ゲストハウスtoco.
住所:東京都台東区下谷2-13-21
TEL:03-6458-1686
チェックイン:16時〜
チェックアウト:〜11時
料金:1人3000円~/1泊(ドミトリー)

Text & Photo : 成瀬亜希子
Photo : ゲストハウスtoco.

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



まだある関連記事はこちら!
●昼も夜も通いたい!日本橋のホステル「CITAN」はわざわざ訪れたいコーヒー&バースポット
●ひとりでもグループでも!カフェ利用もOKの、ランドマーク的ゲストハウス
●マーメイド姿でお鍋?ビーチにこたつの新感覚ゲストハウス




Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください