アートと地域のコラボ!「中之条ビエンナーレ」でアート鑑賞

アートと地域のコラボ!「中之条ビエンナーレ」でアート鑑賞

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
群馬県 おでかけ アート
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今年で7回目を迎える「中之条ビエンナーレ2019」が2019年8月24日(土)~9月23日(月・祝)の期間、群馬県中之条町内の6つのエリアで開催。雄大な山々やラムサール条約に登録された湿原など、変化に富んだ地形と里山風景が美しい中之条町が約1カ月間、アートな雰囲気に変身!近場の温泉や名所も一緒に楽しんじゃいましょう。

Summary

中之条ビエンナーレとは?

「中之条ビエンナーレ」は、2007年に群馬県中之条町でスタートした国際芸術祭。1998年に町営の温泉施設にアーティストが制作しながら暮らし始めてことがきっかけとなり、アーティストたちの発表の場として「中之条ビエンナーレ」にまで発展したのだそう。

7回目となる今回は、国内外で活躍する150組のアーティストが中之条町に集結。町に滞在して制作した作品の展示をはじめ、演劇や身体表現といったパフォーマンスが披露され、様々な分野のアートに出合えるんです。


展示会場は「中之条伊勢町(なかのじょういせまち)」「伊参(いさま)」「名久田(なくた)」「四万温泉(しまおんせん)」「沢渡暮坂(さわたりくれさか)」「六合(くに)」の6つのエリアに点在。なんと50会場で展示、パフォーマンス、イベントが開催されます。

「Singing Ringing Memories 2019 - 音色と共に蘇る記憶」(中村mather美香)
「Singing Ringing Memories 2019 - 音色と共に蘇る記憶」(中村mather美香)

いつくか作品をご紹介!こちらは伊参の旧五反田学校に展示される作品。天井から吊るされた絵馬が、窓からの風に揺れカランカランと音色を奏で、レトロな建物と合わさって懐かしい気持ちにさせてくれます。

「編まれたもの 継いでゆくもの」(岩塚一恵)
「編まれたもの 継いでゆくもの」(岩塚一恵)

こちらは同じく伊参にある約160年前に建てられたという材木問屋の建物だった「やませ」に展示される作品です。こうしたレトロ建築と現代アートの融合も見どころのひとつなんですよ。

「matahalowjin」(東城信之介)
「matahalowjin」(東城信之介)

中之条伊勢町の上之町商店街に突如現れる屋外アート。散策途中に間近で見られる作品に出合えるのも「中之条ビエンナーレ」のうれしいポイントです。

マルシェやここでしか買えないグッズ販売も!

「中之条ビエンナーレ」では、公式オリジナルグッズをはじめ参加アーティストののグッズや一点ものの作品も購入できます。

トートバッグやTシャツ、アクセサリー、マスキングテープやノートなど、ファッション系から文房具までアーティスティックでおしゃれなアイテムが勢ぞろい!
さらに日替わりでマルシェが開催され、ドリンクやフードメニューも楽しめます。

前売りが断然お得!チケットはWEB購入を

各会場をめぐるときに必要なチケット(鑑賞パスポート)は前売り券の購入がオススメ。会期中は何度でもすべての会場で利用できます。別売りのガイドブックとオリジナルパスケースもあり、チケットと合わせて購入するとさらにお得に!
購入方法は指定の窓口、コンビニ、スマホの3通りがありますが、WEB購入がカンタンです。


ついでに行きたい温泉や観光地

「中之条ビエンナーレ」でアート鑑賞を満喫したあと、あるいはアートめぐりをしながら、中之条町の温泉地や名所に立ち寄ってみるのもオススメです。中之条町は、山々と清流が織りなす美しい里山と養蚕農家の面影が残る温泉郷。会場のひとつ、中之条町伊勢町から車で北へ25分ほど走ると歴史ある湯宿や日帰り温泉施設も多い四万温泉があります。

さらに北へ、“四万ブルー”と呼ばれる独特な青色が印象的な奥四万湖へ足をのばしてみても。思わず写真におさめたくなるような絶景に出合えます!

四万温泉から車20分ほど、沢渡温泉へも足をのばせます!約800年前から湯治場として利用されていた温泉は若山牧水などの文人墨客にも愛されてきました。日帰り温泉でくつろいだり、温泉街を散策したり、のんびり過ごすのにぴったりです。

約1カ月後に始まる「中之条ビエンナーレ2019」。珠玉の作品に出会えるアート鑑賞に、温泉めぐりをプラスアルファしたプランを今から計画しちゃいましょう!


■中之条ビエンナーレ
展示期間:2019年8月24日(土)~9月23日(月・祝)
展示場所:群馬県中之条町各所
時間:9時30分〜17時
料金:パスポート1500円(前売り1200円)、ガイドブック1000円、パスケース400円、3点セット2700円(前売り2200円)
TEL:0279-75-3320(中之条ビエンナーレ事務局・平日9~17時)

Text:粟屋千春

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください