• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 「ヒルナンデス!」で紹介された芸達者な動物も!いま行くべき全国の動物園&水族館10選
「ヒルナンデス!」で紹介された芸達者な動物も!いま行くべき全国の動物園&水族館10選

「ヒルナンデス!」で紹介された芸達者な動物も!いま行くべき全国の動物園&水族館10選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
おでかけ アクティビティ 週末おでかけ 水族館 動物園
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

普段なかなか触れ合うことのない大自然の生き物たちを身近に感じられる動物園や水族館。全国各地にたくさんある動物園・水族館ですが、実は、驚きのショーや展示をしているところもあることをご存知でしょうか。今回は、いま行くべき全国の動物園&水族館を厳選して10軒ご紹介!10月14日放送の「ヒルナンデス!」で、動物園・水族館で働く飼育員さんがおすすめしたところもありますよ。ぜひ週末のおでかけ先の参考にしてくださいね。

Summary

世界のいきものたちがのびのび暮らす「しながわ水族館」

京急大森海岸駅から歩くこと8分、区民公園の中を進むと海の人気者たちに出会えるしながわ水族館が見えてきます。

しながわ水族館では、約450種1万点の海や川に棲む生き物たちが暮らしています。
なかでも自慢はトンネル水槽。シマアジやハタなど900匹の魚が群れ泳ぎ、迫力満点です!
ほかにも、ダイナミックなイルカショーや、愉快なアシカショーも楽しめます。家族連れにもデートにももってこいのスポットです。

所要時間は約2時間なので、品川散策の途中で立ち寄るのにもちょうどよさそうですね。

“えのすい”の名で親しまれる絶景の水族館「新江ノ島水族館」

小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分の場所に位置し、通称「えのすい」の名で親しまれる「新江ノ島水族館」。目の前に湘南の海や江の島、富士山を臨む海沿いのすばらしいロケーションが自慢です。

なかでも人気なのが、ダイビングショー「uogokoro(うおごころ)」。サメやエイと一緒に遊んでいる様子を紹介します。
「えのすいトリーター(飼育員)」と相模湾大水槽を泳ぐ魚との、ステキなふれあいパフォーマンスが観られますよ。
「ヒルナンデス!」でも、飼育員さんのおすすめとして紹介されました。

1日2回、約15分間だけ開催されるので、見逃さないように事前にスケジュールをチェックしておいてくださいね!

■新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
TEL:0466-29-9960
入館料:大人2400円、高校生1500円、小中学生1000円、3歳以上600円、2歳以下無料
営業時間:9~17時(12~2月は10時~、ゴールデンウィークや夏期、年末年始は変動あり)
定休日:無休
アクセス:小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分
駐車場:近隣駐車場を利用

■参考記事:江の島や富士山を望む絶好のロケーションに立つ「新江ノ島水族館」(配信日: 2019.10.05)



五感で楽しむ大自然と動物たちの世界「オービィ横浜」

みなとみらい線直結のMARK IS みなとみらいにある「オービィ横浜」。大自然や動物の世界を五感で楽しむエンタテインメント屋内型パークです。

「アニマルガーデン」(15分500円、パスポート利用可)は、日常では出会えない動物が暮らす森。

カピバラも至近距離でふれあいOK。おやつ(200円)をあげると、鼻をひくひくさせて、夢中でむしゃむしゃ。こんなかわいい表情が目の前で見られます。

このエリアに一度に入場できる定員は30名。
混雑して動物が近くで見られないという心配がないのはうれしいですね。

■参考記事:猫カフェも水族館も超えた⁉ハリネズミやカピバラに会える「オービィ横浜」(配信日:2019.01.03)

迫力満点のイルカショー「アクアワールド茨城県大洗水族館」

オーシャンライブ
オーシャンライブ

茨城県・鹿島臨海鉄道からバスで揺られること15分のところにある「アクアワールド茨城県大洗水族館」。
毎年100万人以上を惹きつけるこの巨大水族館では、6つのゾーンごとに海の世界を楽しめちゃうんです。

なかでも「ヒルナンデス!」でも紹介された、イルカがダイナミックなジャンプを披露するオーシャンライブは必見!
まるで演劇のようなショーが見られますよ。

大自然の中で味わう非日常の世界!「那須どうぶつ王国」

バードパフォーマンスショー(ハクトウワシ)
バードパフォーマンスショー(ハクトウワシ)

栃木県・那須高原SAから車で15分の「那須どうぶつ王国」。
広大な敷地内には、世界中から集められた約600頭の動物が生活する、まさに「どうぶつ王国」が広がっています!

「ヒルナンデス!」でも紹介された人気のショーが「バードパフォーマンスショー」。タカ、ミミズク、インコなどの鳥たちが登場します。
頭上スレスレのフライトは迫力満点!

日本平にたたずむ海のビュースポット「静岡市立日本平動物園」

レッサーパンダ
レッサーパンダ

静岡県・JR東静岡駅から、しずてつジャストライン日本平線で行くこと約10分。富士山のビュースポットとしても名高い景勝地・日本平の新名所、静岡市立日本平動物園が見えてきます。

各どうぶつごとにテーマ館が設置されている同園で、「ヒルナンデス!」でも紹介された特に人気の動物がレッサーパンダ。
6月に赤ちゃんが生まれ、10月からは一般公開も開始されています。ぜひかわいい赤ちゃんに会いに行ってみてくださいね。

瀬戸内海のいきものたちが暮らす瓦屋根の楽園「宮島水族館」

広島・宮島にある“みやじマリン”こと「宮島水族館」は、「宮島水族館」は「嚴島神社」の出口から徒歩5分のところにあり、宮島でも人気の観光スポット。建物は、瓦屋根が特徴的で、入口部分は「嚴島神社」の廻廊をイメージして作られています。

みどころのひとつは「カキいかだ」水槽。「宮島水族館」では、実際に宮島周辺からとってきた連カキを展示していて、連なったカキはなんと6mもあるので、とても深い水槽に。
広島の名産でもある「カキ」が、海の中でつるされている様子を間近に見ることができる、来場者に人気のコーナーです。

期間限定の展示なども多く、何度行っても新鮮な気持ちでみることができるのも人気のポイント!

■参考記事:スナメリの赤ちゃんが可愛すぎる!ふれあいも楽しめる「宮島水族館」(配信日:2019.06.24)

海の生き物たちと間近で一日中遊んじゃおう!「大分マリーンパレス水族館 “うみたまご”」

うみたまパフォーマンスでのセイウチ
うみたまパフォーマンスでのセイウチ

JR別府駅から大分交通バス大分駅行きで約15分。高崎山の自然動物園を背に別府湾を望む海沿いにある、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。

「うみたまパフォーマンス」では、セイウチのパフォーマンスが見られます。トレーナーとの息のあったかけ合いは爆笑もの!
パフォーマンス後のふれあいタイムでは、セイウチの体に直接触れることもできますよ。

「ヒルナンデス!」でも、飼育員さんから“今 見るべき動物”に選ばれていました。ぜひ圧巻のショーを見に行ってくださいね。

世界トップクラスのペンギンたちの楽園「長崎ペンギン水族館」

長崎県長崎市の中心部から車で約30分、海沿いに建つ「長崎ペンギン水族館」。
現在、長崎ペンギン水族館にはキングペンギンやイワトビペンギンなど、日本最多の9種類約180羽のペンギンを飼育。過去には世界一長生きしたペンギンがいたこともあり、長崎のペンギン飼育レベルは世界トップクラスといわれています。

名物のひとつが、世界初!自然の海でペンギンが泳ぐ「ふれあいペンギンビーチ」。
ペンギンたちが仲良く海辺を歩いて、水の中へ飛び込み、スイスイ泳ぐ姿はほかではなかなか見られません。 
日によってはエサやりもできますよ(土・日曜、祝日のみ、春・夏・冬休み期間中は毎日、11時40分~、14時10分~、エサ代100円)。

長崎の旅のコースに組み込んで、かわいいペンギンたちに癒されてくださいね。

■参考記事:ペンギンにさわれるのは日本でここだけ!「長崎ペンギン水族館」(配信日:2018.09.11)

さまざまな生態の生き物たちが暮らす「いおワールド かごしま水族館」

鹿児島県の人気観光スポットのひとつ「いおワールド かごしま水族館」。鹿児島弁で「魚」を意味する「いお」の名のとおり、ジンベエザメやクラゲをはじめ、錦江湾から南西諸島の生き物500種3万点を展示しています。

見どころのひとつがウミウシ専用展示室「うみうし研究所」。飼育が難しいウミウシ類を日本で初めて常設展示したのが、いおワールドなんです!

ウミウシは貝殻が退化したりなくなったりした生き物の総称で、身体の形も色もさまざま。
“海の宝石”と呼ばれるウミウシ、じっくり観察してみてください。

■参考記事:ジンベエザメに会いたい!想像以上の癒しの1日を過ごせる「いおワールド」へ(配信日:2019.06.14)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • あや猫 あや猫
  • セレイナアン セレイナアン
  • 絶景travelers 絶景travelers
  • 北出恭子 北出恭子
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ