東山温泉 ひがしやまおんせん 温泉地

福島県

城下町会津若松市の郊外に位置し、湯川が造り出した渓谷をはさんで温泉街が連なる。渓谷にいくつもの滝があることから、東山温泉の老舗旅館には瀧の字が付く宿が多い。温泉の歴史は古く、天平年間(729~749)に、高僧・行基によって発見されたと伝えられる。「天寧の湯」と呼ばれた江戸時代には、かみのやま、湯野浜と並ぶ奥羽三楽郷に数えられ、歓楽温泉として賑わった。現在は会津の奥座敷と呼ぶにふさわしい温泉情緒を残している地だ。木造の老舗旅館から近代的な鉄筋の宿まで、湯川に沿うように17軒ほどの宿泊施設が連なり、日帰り入浴を受け付けている宿も多い。

基本情報

住所 福島県会津若松市東山町
TEL 0242-27-7051(東山温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」で15~40分、バス停:東山温泉駅下車
車:磐越道会津若松ICから国道121号・49号、県道64号・325号経由8km
温泉固有情報 泉温:42~58℃
源泉:4(組合加盟)
泉質:硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、切り傷、やけど、慢性消化器病、動脈硬化症、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:17
日帰り温泉施設数:なし
湯量:1500リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

東山温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください