渋の湯温泉 しぶのゆおんせん 温泉地

長野県

北八ヶ岳西麓の標高1880m、奥蓼科温泉郷最奥の渋川上流にある温泉。開湯は2000年以上前とも伝えられ、霊泉として昔から親しまれ、信玄の隠し湯としても利用された。諏訪藩主なども訪れたのがその名の由来となる「渋御殿湯」には、湯船の底から源泉がそのまま湧出する渋長寿湯もある。浴槽の縁が湯の華で白くなるほど、硫黄分を含んだ温泉に入浴できる。日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)。

基本情報

住所 長野県茅野市奥蓼科
TEL 0266-67-2733(渋御殿湯)
アクセス 公共交通:JR茅野駅からアルピコ交通バス奥蓼科渋の湯行きで1時間、バス停:終点下車
車:中央道諏訪ICから国道20号・152号、湯みち街道経由22km
温泉固有情報 泉温:27℃
源泉:3
泉質:単純酸性硫黄泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、慢性消化器病、慢性皮ふ病、切り傷、高血圧症、動脈硬化症、打ち身、糖尿病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

渋の湯温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください