裏見ノ滝 うらみのたき

華厳ノ滝[けごんのたき]、霧降ノ滝[きりふりのたき]とともに、日光の三名瀑とも言われる高さ19mの滝。松尾芭蕉の『奥の細道』にも登場する。駐車場から15分歩くと、ひっそりとした神秘的な空間が現れる。もとは滝の裏側から観ることができたのでこの名前が付いたが、崖崩れ以降裏側には行けなくなった。紅葉は10月下旬~11月上旬。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 10月下旬~11月上旬
主な樹種 ヤマモミジ、カエデ
標高 約800m
所在地 栃木県日光市丹勢町
問合先 0288-22-1525/日光市観光協会
料金 無料
時間 散策自由
休み 無休
交通 交通情報:日光駅・東武日光駅→東武バス中禅寺温泉、または湯元温泉行きで15分、バス停:裏見ノ滝入口下車、徒歩45分/車:日光宇都宮道路日光ICから国道120号経由7km15分
駐車場 あり/25台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

裏見ノ滝

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください