日比谷公園 ひびやこうえん

日本初の都市計画による洋風公園として、明治36年(1903)に開園。約16万平方m以上ある園内には四季折々の花が咲く。日比谷公会堂、大音楽堂、小音楽堂などの施設がある。巨大なイチョウは、公園の設計者である本多静六が、「首を賭けても移植を成功させる」としたため「首賭けイチョウ」と呼ばれる。写真は、雲形池の紅葉。秋になればイチョウやモミジが美しく色づく。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月下旬~12月上旬
主な樹種 イチョウ、モミジ、ケヤキ
標高 不明
おすすめ鑑賞法 雲形池周囲、旧日比谷見附裏
所在地 東京都千代田区日比谷公園1-6
問合先 03-3501-6428/日比谷公園サービスセンター
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
交通 交通情報:日比谷駅A10・A14出口→徒歩すぐ。または東京メトロ霞ケ関駅B2出口→徒歩すぐ。またはJR有楽町駅→徒歩8分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

日比谷公園

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください