神田神社 かんだじんじゃ

神田明神の通称で人々に親しまれている古社。天平2年(730)創建と伝えられ、歴代将軍の尊崇も厚く、江戸の総鎮守として栄えてきた。江戸三大祭りの一つとして知られる神田祭は、2年に1度5月中旬に催される。平成30年(2018)12月には文化交流館がオープン。境内には、絵巻本などを展示する資料館も併設。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 1月1日0時開門。2日以降常時開門。
所在地 東京都千代田区外神田2-16-2
ご利益 開運招福、商売繁盛、厄除け、縁結び、必勝祈願、医薬健康、厄除け、縁結び、商売繁盛、その他
祭神 大己貴命、少彦名命、平将門命
初詣行事 ●歳旦祭/2020年1月1日0時~/1年の内で一番最初の神事
問合先 03-3254-0753
料金 境内自由(資料館は300円)
交通 交通情報:御茶ノ水駅聖橋口・東京メトロ御茶ノ水駅→徒歩5分。または東京メトロ新御茶ノ水駅→徒歩5分。またはJR秋葉原駅→徒歩7分。または東京メトロ末広町駅→徒歩5分

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

神田神社

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください