飛鳥山公園 あすかやまこうえん スポット

東京都 花見スポット/公園
ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ 春におすすめ 夏におすすめ

江戸時代、八代将軍の徳川吉宗が庶民の行楽のために桜を植樹。当時、上野などでは禁じられていた酒宴も許されたため一気に花見の名所となり、多くの江戸っ子たちでにぎわった。現在も春には約600本の桜が咲き、都内有数の桜の名所として人気を集めている。王子駅方面の山肌を中心に、約1300株のアジサイも植えられており、梅雨時も涼やか。花壇のまわりの散歩道や小さな子どもたちも遊べる遊具施設も整う。公園の南側にある3つの博物館「渋沢史料館」「北区飛鳥山博物館」「紙の博物館」では、王子で育まれた歴史や文化を辿ることができる。

基本情報

住所 東京都北区王子1-1-3
TEL 03-3908-9275(北区道路公園課)
料金 無料(渋沢史料館・北区飛鳥山博物館・紙の博物館は有料)
アクセス 公共交通:JR王子駅南口・中央口→徒歩2分
車:首都高速王子北出入口から国道122号経由1km10分
駐車場 あり/21台/30分150円(利用時間8時30分~18時30分)、大型車4台30分600円、その他身障者用2台あり

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

飛鳥山公園

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ