杉本寺 すぎもとでら

坂東[ばんどう]三十三観音霊場の第一番礼所で、天平6年(734)に光明[こうみょう]皇后の発願で創建されたという鎌倉最古の天台宗の寺。茅葺きの仁王門をぬけると、奉納された幟[のぼり]が両側にずらりと立ち並ぶ苔の階段がある。その脇の階段をあがっていくと、茅葺き、寄棟造の本堂があり、本尊の3体の十一面観音像が安置されている。3体のうち中央は円仁[えんにん]作、右側は源信[げんしん]作と伝えられ、国の重要文化財に指定されている。この観音は火難の際、自分で大杉の根本まで避難したといわれ、杉本観音と親しまれている。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 参拝は1月1~3日は8~16時。4日以降は9~15時(土・日曜、祝日は~16時)。
所在地 神奈川県鎌倉市二階堂903
ご利益 開運招福、家内安全、身体健康など、諸願成就、無病息災、その他
宗派・ご本尊 天台宗/十一面観音像
問合先 0467-22-3463
料金 拝観300円
交通 交通情報:鎌倉駅東口→京浜急行バス金沢八景駅・鎌倉霊園正面前太刀洗・ハイランド循環行きで7分、バス停:杉本観音下車、徒歩すぐ

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

杉本寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください