太郎坊宮 たろうぼうぐう

巨岩・奇岩が多く露出した赤神山の中腹にある古社で、正式名は阿賀[あが]神社。太郎坊とは京都鞍馬の次郎坊天狗の兄天狗のことで、この社を守護しているという。本殿前には神力によって左右に分かれたといわれる高さ10数mの夫婦岩[めおといわ]があり、幅80cmほどの隙間を通って参拝すると諸願が成就するが、もし悪心があれば岩に挟まれてしまうという。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 本殿への参拝は12月31日~1月1日19時まで、1月2日以降は8~18時。お守りの授与も同時刻まで。例年数万人が詣り大変賑わう。
所在地 滋賀県東近江市小脇町2247
ご利益 勝運隆昌、商売繁昌、必勝祈願、合格祈願、病気平癒など、学業成就、無病息災、商売繁盛、その他
祭神 正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(天照大神の第一皇子神)
初詣行事 ●歳旦祭/2021年1月1日5時~●どんど祭/2021年1月15日10時~
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0748-23-1341
料金 境内自由
交通 交通情報:太郎坊宮前駅→徒歩20分/車:名神高速八日市ICから国道421号経由6km20分
駐車場 あり/30台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

太郎坊宮

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください