鞍馬寺の紅葉 くらまでらのこうよう

鞍馬寺は、牛若丸(源義経)や天狗伝説でも知られる鞍馬山山上に位置する寺院。京都でも人気のある紅葉の名所で、秋にはカエデを主とする木々が色付き美しい。仁王門から九十九折[つづらおり]を経て本殿までの参道は紅葉観賞のおすすめルートで、仁王門や本殿金堂あたりの紅葉は写真撮影の好スポットだ。紅葉の見頃は例年11月中~下旬。鞍馬寺へ向かう叡山電鉄では、市原駅~二ノ瀬駅間が紅葉のトンネルとなり、目を楽しませてくれる。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月中旬
主な樹種 かえで、もみじ他
標高 410m
おすすめ鑑賞法 歴史を感じながら静かに紅葉を楽しむ
所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
問合先 075-741-2003
料金 愛山費300円、霊宝殿拝観200円
時間 9時~16時30分、霊宝殿は9~16時
休み 無休、霊宝殿は月曜(祝日の場合は翌日)
交通 交通情報:鞍馬駅→徒歩30分。または鞍馬山鋼索鉄道山門駅→ケーブルカーで2分、多宝塔駅下車、徒歩10分/車:名神高速京都南ICから国道1・367号、府道40号経由23km50分
駐車場 なし/周辺の有料駐車場利用

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鞍馬寺の紅葉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください