一休寺(酬恩庵) いっきゅうじ しゅうおんあん

一休禅師が晩年を過ごした寺。鎌倉時代に妙勝寺として創建、その後兵火に遭ったが、一休が康正年間(1455~56)に再興、酬恩庵と号した。今では一休寺の別名で知られる。一休は81歳で大徳寺住職となった時もここから通い、88歳で没した。苔におおわれ、しっとりと風情のある境内に本堂(重要文化財)、方丈(重要文化財)、庫裏(重要文化財)が立ち、方丈庭園と虎丘庵[こきゅうあん]は名勝に指定されている。秋にはイロハモミジなどがあでやかに色づき、紅葉を楽しむことができる。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月中旬~下旬
主な樹種 モミジ
おすすめ鑑賞法 境内の苔と紅葉のコントラストがおすすめ
所在地 京都府京田辺市薪里ノ内102
問合先 0774-62-0193
料金 拝観大人500円、小人250円、団体(30名以上)450円
時間 9~17時(宝物殿は9時30分~16時30分)
休み 無休
交通 交通情報:新田辺駅→徒歩20分。または車5分/車:京奈和道田辺西ICから国道307号経由3km10分。または第二京阪道路八幡東ICから府道22号経由7km14分。または第二京阪道路枚方学研IC(ハーフインター)から国道307号経由6km12分
駐車場 あり/50台/普通車300円、小・中型バス500円、大型バス800円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

一休寺(酬恩庵)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください