長岳寺 ちょうがくじ

平安時代の端正な鐘楼門(重要文化財)は唯一の創建当初の遺構。本尊の阿弥陀三尊像(重要文化財)は藤原時代末期の作だが、玉眼[ぎょくがん]を使った最古の仏像。横11m、縦4mの大地獄絵が例年10月23日~11月30日に開帳される。庫裏[くり](重要文化財)ではそうめん(700円)も食べられる。紅葉はイロハモミジが色づく。本堂前池周辺が美しい。全国紅葉100選に選ばれている。また、大地獄絵の絵解き説法が、土・日曜、祝日は13時頃より行われる(平日は要問合せ)。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月下旬
主な樹種 モミジ
標高 約150m
おすすめ鑑賞法 11月下旬の本堂からの眺めが美しい
紅葉まつり もみじ祭り/期間:2019年11月20~30日
所在地 奈良県天理市柳本町508
問合先 0743-66-1051
料金 拝観大人400円、高・大学生350円、中学生300円、小学生250円
時間 9~17時
休み 無休
交通 交通情報:天理駅→奈良交通バス桜井駅行きで14分、バス停:上長岡下車、徒歩7分。またはJR柳本駅→徒歩20分/車:西名阪道天理ICから国道169号経由6km15分
駐車場 あり/30台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

長岳寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください