熊野那智大社 くまのなちたいしゃ スポット

和歌山県 社寺・教会
ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ 春におすすめ 歴史好きおすすめ

本宮、速玉とともに熊野三山の一つ。みやげ店が並ぶ石段を上りきると道が左右に分かれ、右は青岸渡寺、左に行くと熊野那智大社に着く。南向きの朱塗りの拝殿の後ろに独特な熊野権現造の社殿5棟(重要文化財)と、その脇に、8神を合わせ祭る八社殿が東向きに立つ。天正9年(1581)、織田信長によって焼き討ちにあうが、豊臣秀頼が再建した。熊野夫須美[くまのふすみ]大神を主神として、飛瀧権現をも加え、十三所権現を祀り、あらゆる願いを叶えてくれる諸願成就の御利益があるといわれている。境内には推定樹齢850年、平重盛の手植えと伝えられる樟の巨木が大きな枝を広げている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
TEL 0735-55-0321
営業時間 7時~16時30分(宝物殿は8時30分~16時)
定休日 無休(宝物殿は水曜)
料金 境内自由(宝物殿は300円)
アクセス 公共交通:JR紀伊勝浦駅→熊野交通バス那智駅経由那智山行きで30分、バス停:那智山下車、徒歩15分
車:紀勢道熊野大泊ICから国道42号経由50km1時間
駐車場 あり/30台
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)・重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

熊野那智大社

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください