三徳山三佛寺 みとくさんさんぶつじ

慶雲3年(706)、役行者によって開かれた古刹。山岳仏教の霊場で、標高900mの三徳山全山が国の名勝・史跡。本堂から投入堂[なげいれどう]へは往復登山参拝1時間40分の山道。途中に文殊堂(重要文化財)、地蔵堂(重要文化財)、鐘楼等が点在する。三佛寺奥院投入堂は標高520mの断崖に建てられた懸崖造の神社建築で、鳥取県で唯一の国宝建造物。宝物殿で拝観できる本尊の蔵王権現立像(重要文化財)は、仁安3年(1168)康慶作。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 12月31日~1月1日の日にちが変わる時を除夜の鐘とともに迎える。12月31日22時頃~1月1日2時頃までは「とちもち雑煮」の接待あり。また1月1~3日8~17時までおとその接待あり。
所在地 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
ご利益 開運招福、商売繁盛、交通安全、災難除け、厄除け、厄除け、交通安全、商売繁盛、その他
宗派・ご本尊 天台宗 天台修験道三徳山法流、蔵王権現、三如来(大日、釈迦、阿弥陀)
初詣行事 ●初護摩供/2020年1月1日11時~●二年参り/2019年12月31日~2020年1月1日
問合先 0858-43-2666
料金 入山料本堂まで400円(宝物館拝観料込)。投入堂への入山は別途400円
交通 交通情報:倉吉駅→日ノ丸バス三徳山行きで38分、バス停:三徳山参道入口下車、徒歩5分/車:米子道湯原ICから国道482号経由45km1時間
駐車場 あり/60台/町営駐車場利用、無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

三徳山三佛寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください