松山城 まつやまじょう

松山市の中心地、標高132mの勝山山頂にある。慶長7年(1602)より、加藤嘉明によって築城開始された。乾櫓[いぬいやぐら]や野原櫓、隠門などは創建当時からのものといわれるが、その他は再三火災に遭って焼失し、再建された建物も多い。現存する天守は安政元年(1854)に再建落成されたもの。最上階からは瀬戸内海や石鎚山が見渡せる。周辺一帯は公園として整備され、桜の名所としても知られる。松山城の樹木は常緑広葉樹林で、紅葉などの落葉樹は少ない。したがって城山に点々と紅葉を交えて緑と紅葉の織りなす美しさを見ることができる。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月中旬~下旬
主な樹種 モミジ、ハゼ、アベマキ、コナラ、クヌギ
標高 132m
おすすめ鑑賞法 堀之内公園からの眺め、天守からの眺め
所在地 愛媛県松山市丸之内
問合先 089-921-4873/松山城総合事務所
料金 ロープウェイは往復大人520円、小人260円、天守は大人520円、小人160円
時間 ロープウェイ:8時30分~17時30分(季節により異なる)、天守営業時間:9~17時(季節により異なる、天守札止めは営業終了時間の30分前)
休み 無休(天守のみ12月第3水曜)
交通 交通情報:大街道電停→徒歩5分でロープウェイ乗り場へ、ロープウェイで3分、またはリフトで6分、下車、徒歩10分/車:松山道松山ICから国道33号経由7km30分
駐車場 あり/12台/2時間420円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

松山城

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください