日本庭園「慧洲園」 にほんていえん けいしゅうえん

日本庭園「慧洲園」は足立美術館・ボストン美術館・大濠公園等の日本庭園を手掛けた、中根金作の傑作。武雄市の象徴ともいえる美しい岩山、御船山を借景にして、約3000坪の広大な日本庭園が広がる。「岩こそ庭なり」の言葉通り、岩を多く用いた設計は、どこから見ても魅力的に見えるよう、奥行きさえ計算されて作られている。秋には赤や黄に色づいた紅葉が大滝や太鼓橋の上を鮮やかに彩り、奥に進めば紅葉で作られたトンネルが陽に照らされ輝くさまは、どこか郷愁を呼び起こす。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月中旬~12月上旬
主な樹種 イロハモミジ他
おすすめ鑑賞法 園内を散策、写真撮影、お抹茶
所在地 佐賀県武雄市武雄町武雄4075-3
問合先 0954-20-1187
料金 一般(庭園券/美術館券600円、共通券1000円)、高・大・専生(庭園券/美術館券500円、共通券800円)、中学生以下無料
時間 9~17時
休み 水曜(4・5・8・10・11月は無休)
交通 交通情報:武雄温泉駅→JRバス嬉野温泉行きで7分、バス停:枯木塔下車、徒歩すぐ/車:長崎道武雄北方ICから国道34号経由6km10分
駐車場 あり/20台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

日本庭園「慧洲園」

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

「公益財団法人 陽光美術館 日本庭園「慧洲園」」を紹介している記事

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください