千鳥ヶ淵 ちどりがふち

江戸城内濠のひとつで、昭和30年頃に多くの桜が植栽された。現在では都心で有数の花見名所となり、ボートや緑道から、水面まで枝を伸ばす桜を眺めることができる。北の丸公園、千鳥ヶ淵などを含めて約1000本のソメイヨシノ、オオシマザクラなどがある。

桜・お花見情報

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 約1000本
桜の種類 ソメイヨシノ、オオシマザクラなど
夜桜・ライトアップ なし
所在地 東京都千代田区九段南2周辺
問合先 03-3556-0391/千代田区観光協会
料金 無料
交通 交通情報:九段下駅2番出口→徒歩5分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

千鳥ヶ淵

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください