チョコレートにプリンにマカロン…「15時のおやつ」におすすめしたい都内のおやつはこれ!

チョコレートにプリンにマカロン…「15時のおやつ」におすすめしたい都内のおやつはこれ!

東京都 食・グルメ スイーツ チョコレート プリン ドーナツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

8月2日はおやつの日。自分へのご褒美に、家族でいただく15時のおやつに、大切な人への贈り物に、味も見た目もばっちりなおやつはいかが?テイクアウトでも購入できる都内のおやつを、種類別にご紹介します。食いしん坊さんにもぴったり。夏のおうち時間も楽しくなること間違いなしですよ!

Summary

【チョコレート】フルーティーなカカオの香りを楽しもう!/ダンデライオン・チョコレート

サンフランシスコに本店をもつ「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」は、海外1号店として2016年にオープン。世界10か国以上のカカオ農園から良質な豆を直接買い付け、1階の工房でチョコレート作りを行っています。

作っているチョコレートの原材料は、なんとカカオときび砂糖の2つだけ!カカオ豆そのものの味わいを表現するために、余計な香料などの副材料はいっさい加えません。そんな手作りチョコレートの魅力を知ってほしいと、多彩なワークショップも開催しています。

こちらのお店では、他店でなかなか出会えない「カカオフルーツスムージー」(680円)がおすすめ。カカオの白い果肉で作ったスムージーです。ライチのようなエキゾチックな味わいは初体験!改めてカカオってフルーツなんだと納得。

ほかに産地の違うカカオの食べ比べができる、写真の「ブラウニーバイトフライト」(680円)や、カヌレやタルトなど5種のシングルオリジンのカカオ豆を使ったデザートプレート「シェフズテイスティング」(1566円)も人気です。

■参考記事:フルーティなカカオの香りに感激!「ダンデライオン・チョコレート」の工場見学(配信日:2018.7.25)

【プリン】愛らしい小瓶にキュン!お好みの食感が選べるキュートなプリン/POPOCATE

幡ヶ谷駅から20分歩いた住宅街のなかに、突如として現れるプリン専門店「POPOCATE」。
3畳ほどのコンパクトな空間にあるショーケースの中にはかわいいプリンたちが並びます。

「POPOかた」と「POPOやわ」(各432円)
「POPOかた」と「POPOやわ」(各432円)

常時6~8種のプリンが揃っており、中でも人気なのが、写真にある2種類の看板メニューの「POPOかた」と「POPOやわ」です。
「食感の好みは人それぞれだから、誰もが楽しめるように両方とも作ろう!」と、食感の違う2種のプリンが生まれたのです。
食感や味のバリエーションが楽しめる小瓶に入ったかわいらしいプリンは、自分へのおやつにはもちろん、ちょっとした手土産にもぴったりです。

■参考記事:固め?柔らかめ?お好みの食感が選べる「POPOCATE」の愛らしいプリン(配信日:2018.8.4)

【ドーナツ】北海道発のふわもちドーナツのテイクアウト専門店/珈琲とドーナツ ふわもち邸

用賀駅から徒歩3分、世田谷区用賀にある小さな珈琲とドーナツのテイクアウト専門店。
ショーケースには常時21種類ものカラフルなドーナツが並び、トッピング、包み込むクリームなど全て違っているので、どれにするか迷ってしまいます!

手前から時計回りで「いちごみるく」(税込183円)、「オレンジフロマージュラテ」(税込248円)、「オレオ&クリーム」(税込248円)、「りんごとクリームチーズのタルト風」(税込248円)
手前から時計回りで「いちごみるく」(税込183円)、「オレンジフロマージュラテ」(税込248円)、「オレオ&クリーム」(税込248円)、「りんごとクリームチーズのタルト風」(税込248円)

ドーナツなのにタルト?という不思議なネーミングの「りんごとクリームチーズのタルト風」は、コーヒー生地にりんごと豆乳クリーム、クリームチーズが包み込まれています。ふわもちな生地に、砕かれたクッキーがふりかかっているので、サクッとしたタルトのような食感になるのですね。「オレオ&クリーム」は、豆乳クリームとオレオクッキーを包み込み、ホワイトチョコとブラックチョコ、オレオクッキーでデコレーションしてあります。
お子様に大人気なのは、「いちごみるく」や組み合わせがクセになりそうな「オレンジフロマージュラテ」も気になりますね。

この他も、お店こだわりのドーナツがたくさん。お気に入りのドーナツを見つけるが楽しみになりそうですね!

◾珈琲とドーナツ ふわもち邸
住所︓東京都世田谷区用賀4丁目12-2 大山ハイツ
営業時間︓8時30分~17時(月~金曜)
10~17時(土・日曜、祝日)
定休日︓不定休

■参考記事:ふわふわモチモチ!“ぺろりと食べられる”北海道発のドーナツ&コーヒーのテイクアウト専門店(配信日:2020.7.8)

【マカロン】カラフルかわいい&ボリュームたっぷり!韓国マカロン専門店/over macaron

新大久保駅から徒歩6分ほど。かわいいピンク色のお店「over macaron」は日本と韓国で大ブームになったキャラクター「すこぶる動くウサギ(Over Action Rabbit)」の専門店です。

北海道産ミルクなど、材料にこだわったマカロンは全部で12種類(全て税込400円)。

人参ケーキ以外は全てウサギの形で、ショートケーキとラズベリーは顔のイラスト入りです。なんと、一つひとつ丁寧にウサギの形を作り、顔も全て手書きだそう!だからこそ、それぞれちょっとした顔の表情の違いを楽しめますよ。

◾over macaron おーばーまかろん
住所:東京都新宿区大久保1-13-10
営業時間:11~21時
定休日:なし

■参考記事:カラフルかわいい&ボリュームたっぷり!冷やして食べたい韓国マカロン専門店【新大久保】(配信日:2020.6.20)

【和菓子】SNSでも話題!“鯛のないたい焼き”/ OYOGE 六本木店

東京・六本木駅からすぐ、六本木ミッドタウン前にオープンしたテイクアウト専門のたい焼き屋「OYOGE」。同店のたい焼きの特徴は、なんといってもその形!
お店に並ぶのはイワシ、アジ、アサリの3種類(税込各334円、3種セット1004円)。

もともと洋食の料理人だった店主がこだわったのは、冷めてもおいしいたい焼き。フィナンシェやマドレーヌから着想を得た生地には、従来の素材に加えて、アーモンドパウダーなどの洋菓子の材料やもち粉をブレンド。

表面のサクッとした食感と、中のしっとり&もっちりとした口当たりは、ほかにはない味わいで絶品です!中身のあんこにはクリームチーズを混ぜ込み、よりなめらかで軽い口当たりです。

ユニークな発想とおいしさへの追求によって生まれた、新感覚の「OYOGE」のたい焼き。
ぜひ一度味わってみてくださいね。

◾OYOGE 六本木店
住所:東京都港区六本木7-13-10-102
TEL:03-6447-0094
営業時間:10:00~23:00
※完全キャッシュレス店舗

■参考記事:たい焼き屋なのに「鯛がない」!?“知らなきゃヤバい”最先端の店「OYOGE」【六本木】(配信日:2020.6.26)


Text by:阿波瑞季

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
ԃgxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください