ツルッとさっぱり!夏バテさんでもペロッと食べられる冷やし麺3選【東京】

ツルッとさっぱり!夏バテさんでもペロッと食べられる冷やし麺3選【東京】

東京都 食・グルメ うどん 素麺 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

まだまだ続くうだるような暑さ。夏バテしても、冷たくてさっぱりした麺類なら食欲がわいてきませんか!?そこで今回は、都内のおいしい冷やし麺が食べられるお店をご紹介します。冷麺、うどん、そうめんとツルッと食べられるお店をピックアップしました!

Summary

野菜を取り入れた盛岡冷麺の新しいスタイル「冷麺ダイニングつるしこ」

冷麺といえば盛岡冷麺が有名ですが、“東京冷麺”なる新しい料理を提唱し、さまざまな冷麺が楽しめる専門店「冷麺ダイニングつるしこ」。

盛岡冷麺の持つコシやあっさりとした味わいを残しながら、見た目に華やかな野菜をトッピング。スープにも野菜だしや豆乳などを使用し、化学調味料は不使用。ベジタリアンでも食べられる食材しか使っていないのが特徴です。

世界から食材が集まる“東京”でさまざまな野菜を取り入れながら、盛岡冷麺の新しいスタイルを楽しんでもらいたい、その思いから東京冷麺と名付けられました。

トマトバジル冷麺 1180円(税込)
トマトバジル冷麺 1180円(税込)

看板メニューのトマトバジル冷麺。彩り豊かなズッキーニ、トマト、バジルが目を楽しませてくれます。

おすすめの食べ方は、まず豆乳ベースのスープをそのまま楽しむこと。うま味が飛ばないよう直火ではなく蒸気を介して熟する方法を用いたスープは、10時間以上かけて引き出した野菜のコクが決め手です。野菜だけでダシを取っているとは思えないほどのうま味が詰まっています。

セミドライトマトを崩してスープに絡めれば、トマトの凝縮した酸味とコクがスープに溶け、まったく別の味に。

アボカド冷麺やカレー冷麺などの東京冷麺のほかに、カオマンガイ風チキンなどのサイドメニューも揃えています。ビールやワイン、日本酒なども置いているので、仕事帰りに冷麺で一杯するのもおすすめですよ!

■参考記事:もっちり歯ごたえがクセになる!ベジタリアンな新食感「東京冷麺」とは(配信日:2018.07.22)

想像を超えるツルモチ食感のうどんに種類豊富なトッピング「慎」

新宿駅から代々木駅方面へ10分ほどのところにある「慎(しん)」は、シックなブルーグリーンのタイルにモダンな印象を受けるロゴが目印のうどん屋さんです。

うどんは茹で時間が長いため、麺の切り置きや茹で置きをしている店がほとんですが、こちらのうどんは1杯ごとに麺の生地を延ばすところからスタート!これによって、想像を越えるツルツル、モチモチ食感が実現するのです。

螺旋状に美しく盛られたツヤツヤの冷たいしょうゆうどんに、明太子、磯のり、そして温泉卵をトッピングした1杯(すべてトッピングして1250円)。うどんと相性のいい、香川県産のまろやかな醤油をまわしかけていただきます。

ツルッとした口当たりなのに粘りがあり、もっちりとした歯ごたえがあります。のどごしがとってもよく、箸がどんどん進むおいしさ!

「慎」のメニューは、豊富なトッピングのなかから自由にカスタマイズできるのもポイントです。
そこでぜひ試していただきたいのが、冷しょうゆうどんに柚子胡椒ジュレ、大根おろし、そしてあごちくわ天をトッピングした1杯(すべてトッピングして1330円)。ツルモチのうどんに、さわやかな柚子胡椒の風味と辛み、そしてさっぱりとした大根おろしが絡みます。

そのほかにも、おぼろ昆布や梅おかか、牛肉など、約24種類のトッピングが用意されています。お好みの組み合わせを見つけて、色んな味わいを楽しんでみてくださいね!

■参考記事:わざわざ食べに行きたい!自分史上最高のコシに出合えるツルモチうどん(配信日:2018.07.25)

希少性の高い小豆島の手延べそうめんをボリュームたっぷりに!「そうめん そそそ」

恵比寿にあるそうめん専門店「そうめん そそそ」は、専門店ならではのさまざまなそうめんが味わえるお店です。

おいしい最大の理由は、小豆島の手延べそうめん「島の光」を使っているから。実はこのそうめん、希少性の高い麺といわれていて、練る際に小麦粉や塩に加え、日本で唯一ごま油を用いているのだそうです。

ふわふわ釜玉そうめん 720円
ふわふわ釜玉そうめん 720円

真っ白なメレンゲがインパクト大の「ふわふわ釜玉そうめん」は定番の人気メニュー。

“黄身だけでなく白身も存分に味わってほしい”という想いから、卵白をふわふわなメレンゲ状にして、そうめんにトッピングすることを思いついたそうです。

濃厚な黄身とふわふわのメレンゲをだし醤油としっかり絡めていただきます。

メレンゲの下には、そうめんがたっぷり。どのメニューでも1人前1.5束のそうめんを使っているのでかなりのボリュームです。

店内はバルのようなおしゃれな空間。17時からのディナータイムではアルコールも提供し、「納豆高菜そうめん春巻き」などの一品料理をはじめソーキご飯など丼ものも充実しています。そうめんをお酒と合わせてディナーで楽しむのもいいですね!

■参考記事:アレンジそうめん専門店【大食いアイドルもえのあずきの絶品グルメ7】(配信日:2018.07.27)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください