読書の秋をお酒と一緒に満喫したい!願いを叶えてくれる都内の書店3選

読書の秋をお酒と一緒に満喫したい!願いを叶えてくれる都内の書店3選

ブックカフェ 東京都 るるぶ&more.編集部 カフェ コンセプトカフェ 食・グルメ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

本好きの方は必見です!秋の夜長には、いつも以上にじっくりと読書にふけりたいですよね。たまには家から飛び出して、おしゃれな空間でお酒と一緒に本を読んでみませんか?いつもとは違う、新しい世界が広がるかもしれません。都内に数多くあるブックカフェの中から、とくにおすすめの3店舗をご紹介します!

Summary

本×イベント×ビールで“出会い”を生む、これからの街の本屋さん「B&B」

東京・下北沢。うす暗い階段を降りると、そこにはあらゆるジャンルの本が並ぶ本屋さん「B&B」があります。
大型店舗ではあまりお目にかかれないタイトルがずらりと並ぶ本棚。店名であるB&Bの1つ目のBはBook(本)の頭文字です。

ふたつ目のBは……Beer(ビール)です。ビールを片手に本を楽しめる本屋さん。このコンセプトは、しがらみなくふらりと本屋に立ち寄りたい人にとって、最高の空間です。読書好きな人はもちろん、ビール好きの人もよく来るそう。

B&Bのもうひとつの特徴は、著者のトークイベントなどが毎日開催されていること。過去には吉本ばななさんや石田衣良さんなど人気作家をゲストに招いたことも。店内の本棚にはキャスターが付けられており、イベント会場に様変わりする点も、イベントを大切にするB&Bの工夫を感じます。
ぜひ、ふらりとビールを片手に本を読みに、または気になるイベントが開催されるときに、訪れてみてくださいね!

※2020年10月現在コロナウイルス感染症対策のためドリンクの提供を制限中。詳しくはお店のHP等でご確認ください。

■参考記事:本×イベント×ビールで“出会い”を生む、これからの街の本屋「B&B」(配信日:2018.05.17)

夜のデートは読書が新常識!?お酒も飲める「森の図書室」

「森の図書室」は渋谷から徒歩7分ほどの雑居ビルにある、まさに知る人ぞ知る名所。基本的に会員制ではありますが、非会員でも500円の入場料を払えば入店が可能です。
店内は壁一面に本がずらり!さらにおしゃべりOKでアルコールも飲めるので、デートにぴったりの穴場スポットなのです。深夜24時まで開いているので、2軒目のお店としてゆっくり利用する人が多いようです。

どの本を読もうかと迷ったときにはお店のスタッフに相談してみましょう!おすすめを教えてくれるのはもちろんのこと、オーナーの感想文が書かれたくじを引くことも可能です。これまで2000冊の感想文を書いてきたオーナーが厳選するラインナップは、読書好きだからこそおすすめできるユニークな本がたくさん!

メニューは、本に登場する料理がいくつもあってユニーク。こちらは、皆さんご存知の、「ぐりとぐら」に出てくる「カステラ」(648円)!物語に出てくる通り、実際にこのカステラも大きな鍋で焼いて切り分けています。ふんわりとした食感に卵の黄色、バターの香りにうっとり。
これまでの図書室の概念を覆すおしゃれ&リラックス空間で、デートスポットにぴったり。新しい本との出合いにワクワクしたり、お酒を飲みながらゆっくり語り合ったりと過ごし方は人それぞれ。渋谷の隠れ家としてぜひチェックしておいてくださいね!

■参考記事:夜のデートは読書が新常識!?お酒も飲める「森の図書室」って?(配信日:2018.09.14)

ほろ酔い気分で、読書しながら寝落ちできる!「BOOK AND BED TOKYO浅草店」

“本を読みながら寝落ちする、最高に幸せな寝る体験”をゲストに味わってほしいという思いから、この斬新な宿は生まれました。
「泊まれる本屋」というコンセプトの宿ですが、実際には、本は買えません。その代わり、施設内の本はすべて自由に読むことができるので、本棚の中に組み込まれたベッドの中で、書籍や雑誌の世界に心ゆくまで浸ることができます。

1人用のドミトリールームは、「COMPACT」(3800円〜)と、それより少しだけスペースに余裕のある「STANDARD」(4600円〜)の2タイプ。2人が1室で泊まれる「DOUBLE」(2人で6800円〜)もあります。
目隠しのカーテンを開けると、シーツの上に置かれた宿オススメの本がゲストを出迎えてくれます。これは本好きにはたまらない演出!

「BOOK AND BED TOKYO 浅草店」は、全国に4店舗ある系列店のなかで初めて、宿内にバーカウンターが置かれました。つまり、「泊まれる本屋」であり「泊まれるBAR」でもあるという唯一無二のゲストハウスというわけ。
こちらは、ベーグルサンド(570円)とブラックレモンスカッシュ(520円)。竹炭と、はちみつレモンで、上下が真っ二つに分かれている斬新なドリンクです。
BARでおいしいお酒を飲みながら読書して、眠くなったら終電も気にせずそのままベッドに本と一緒に滑り込みましょう!

■参考記事:ほろ酔い気分で読書しながら寝落ちできる「BOOK AND BED TOKYO浅草店」!(配信日:2018.05.19)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

※紹介した商品は、取り扱いのない店舗や、予告なしに販売が終了・売り切れることもあります。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください