まるで映画の世界みたい!東京・鴬谷のライフスタイルホテル「LANDABOUT」へ

まるで映画の世界みたい!東京・鴬谷のライフスタイルホテル「LANDABOUT」へ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京・鶯谷に2020年1月に開業したおしゃれなホテル「LANDABOUT」が注目を集めています。映画やドラマに出てくるような空間を楽しめるだけではなく、街や人との繋がりも感じられる情緒あふれるホテルです。

Summary

おしゃれなだけじゃない!鶯谷への思いもつまったホテル

Photo:Hajime Kato 写真:加藤甫
Photo:Hajime Kato 写真:加藤甫

JR鶯谷駅から徒歩4分の場所にありアクセス良好なホテル「LANDABOUT TOKYO(ランダバウト トウキョウ)」。

「LANDABOUT」という名前はROUNDABOUT(=環状交差点)から由来しており、各地から集まった人々がひとときを共にしまた旅立っていく。そんな「街と旅人の交差点」をこの鴬谷という地(LAND)に創りたいという意味で、このホテルを通じて様々な人や文化が交差するような場所になるように、という思いが込められています。

1階のカフェダイニングは宿泊しなくても利用が可能。マルシェや屋台など不定期で開催されるイベントなどもあり、宿泊客と地元住民が垣根なく共に楽しめるような開放的な雰囲気に包まれています。

チェックインは2階のレセプションにて。めずらしい形のカウンターは環状交差点をイメージしたものだそう。

レセプションの奥に用意されたマップには、ホテル周辺のおすすめスポットが紹介されています。上野公園や谷根千エリアが徒歩圏内にあるので、マップの情報をチェックしてから散策に出かけてみるのもおすすめ。

おしゃれすぎる!と話題の館内でも特に好評なのがこちらのエレベータースペース。
カラフルなエレベーターが並ぶ空間に大きな窓から光が差し込み、まるで映画の世界のようでワクワクします。

ロビーから2階へ続く吹き抜け部分には、ネオンサインで「A LITTLE BIRD TOLD ME(風のうわさで聞いた。)」と書かれています。

ウグイスという鳥の名前がつく鴬谷という土地にピッタリで、「人から人へこのホテルが知れ渡ってほしい」というメッセージだそう。

グリーンの柵は、鶯谷駅南口から「LANDABOUT」に来る途中で通る橋の色をイメージされていたりと鶯谷への思い入れが随所に感じられます。

ラウンジではテラスから街を眺めながらゆったりした時間が過ごせます。

置かれている本やCDは手に取って自由に見てもOK!館内BGMは、親交のあるレコード会社が「LANDABOUT」のためにセレクトした音楽なので、訪れた際は音楽も要チェックです。

シンプルながらゲストに合わせた多様な客室

客室は、シンプルで落ち着いた雰囲気なので心地よい時間を過ごせそうです。ほとんどの部屋には、小上がりが備えられており、足を伸ばしてゆっくりくつろぐことができます。

ほかにも、最大5名まで泊まれるファミリールームや段差の少ないユニバーサルルーム、お互いの部屋を行き来できるよう繋げられるコネクティングルームなど多様なスタイルの客室が備えられています。

11階から15階のデラックスツインとスーペリアクイーンにはテラスも設置されていて、スカイツリーが望める客室も。バスタブの有無やベッドサイズも部屋によって異なるため、用途や好みに合わせてチョイスできます。

そしてシャンプーやボディソープなどアメニティのパッケージはポップな色使いで、並べるだけでおしゃれな写真が撮れると好評です♩

お誕生日や記念日に宿泊する場合は、メッセージ付きのデザートプレートを用意してもらえるアニバーサリープランもあるので、お祝いの日を過ごすのにもピッタリです。

朝から夜まで誰でも気軽に満喫できるレストラン

1階の「LANDABOUT Table(ランダバウト テーブル)」ではモーニングからディナーまで楽しむことができます。夜にはバーとしてビールやカクテル、シーズンドリンクなど幅広い種類のお酒が揃いますよ。

こちらは宿泊していなくても利用できるので、おしゃれなレストランやカフェを探しているならぜひおさえておきたいところ!

オリジナルサンドイッチとドリンクのセット 1100円(税込)
オリジナルサンドイッチとドリンクのセット 1100円(税込)

朝食はオープンサンドとドリンクのセット。
野菜やマリネがのったヘルシーなオープンサンド、ジャムやフルーツがトッピングされた甘いオープンサンド、クロックマダムの3種類からセレクトできます。※朝食内容は変更される場合がございます。

写真のマリネのオープンサンドは、こぼれそうなほどたくさんの具材がトッピングされていて満足感たっぷりです。

ドリンクはコーヒーもしくは紅茶からひとつ、アップルもしくはオレンジのジュースからひとつ選べます。2杯のドリンクでモーニングタイムをゆったり過ごせます。

1日2組限定の「インルームブレックファースト」付きの宿泊プランも。客室まで朝食を届けてもらえるので、朝の時間をゆったり過ごせます。

豚ばら肉のクラフトビール煮込み 2300円(税込)
豚ばら肉のクラフトビール煮込み 2300円(税込)

ディナーのおすすめはパオで挟んで食べる「豚ばら肉のクラフトビール煮込み」。豚肉は驚くほどやわらかく、甘辛い味付けで食べごたえ抜群のメニューです。

スタイリッシュな空間でありながら地域や人とのつながりという情緒を感じられるホテルで、朝から夜まで日常を忘れられる特別な時間を満喫できます。

■LANDABOUT TOKYO(らんだばうと とうきょう)
住所:東京都台東区根岸3-4-5
TEL:03-6802-4431
営業時間:チェックイン:15時〜
チェックアウト:〜11時
定休日:無休
料金:8000円〜(2名様利用)

■LANDABOUT Table(らんだばうと てーぶる)
営業時間:モーニング:8〜10時30分(10時L.O.)
ランチ:12〜17時(16時30分L.O.)
ディナー&バー:17〜22時(21時L.O.)


Text&Photo:西山由佑子(vivace)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●GoToで今こそひとり贅沢。絶景もプールも朝食も最高な「シャングリ・ラ ホテル 東京 」【第3回 東京ヒトリホテル】
●NYのアパートのようなヴィンテージ香るおしゃれホテル「青山グランドホテル」潜入ルポ
●客室ではなく「寝室」に泊まる!?リラックスできる”快眠”特化型ホテル

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください