“お茶と何か楽しいこと”がテーマ!おしゃれがギュッとつまったミニマルな複合施設って?

“お茶と何か楽しいこと”がテーマ!おしゃれがギュッとつまったミニマルな複合施設って?

日本茶 食堂 ギャラリー イベント 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

渋谷と原宿の間にある緑に囲まれた裏道に、ひっそりと佇む「JINNAN HOUSE」を知っていますか?ここには、“お茶と何か楽しいこと”をテーマにした、食堂やギャラリースペースがまとまった、お庭付きのミニマルな複合施設があるんです!

Summery

ここは都内…??緑に囲まれた気持ちのよい空間「JINNAN HOUSE」

JR渋谷駅、原宿駅のどちらからも徒歩8分のところにある「JINNAN HOUSE(ジンナン ハウス)」。「JINNAN HOUSE」は、気軽にお茶を楽しめるお茶の専門店、ギャラリー&イベントスペース、フードトラックが融合したミニマルな複合施設なんです。

ここは都内…?と思うほど静かで豊かな緑に囲まれている、隠れ家的スポットをさっそくご紹介します。

こだわりのお茶をゆっくりじっくり味わえる。茶食堂「SAKUU 茶空」

まずは、茶食堂「SAKUU 茶空(サクウ)」から。「みなさまがホッと一息つけるような、日々に寄り添った茶食堂」をコンセプトに、白を基調とした店内にはおしゃれな生活雑貨が並び、なんとも落ち着ける空間が広がっています。

ここでは、「伊藤園」が厳選した茶葉を使用し、お茶用に開発した専用水で淹れたこだわりの一杯をいただくことができます。

お茶はすべてオーダーを受けてから丁寧に淹れてくれるので、特別感が増し期待も膨らみます。

「天竜スタンダード三煎」700円(税込)

取材時に淹れていただいたのが、こちらの「天竜スタンダード三煎」。香り高い天竜茶の本来の味を楽しむことができる一番スタンダードな飲み方です。

一煎目は低めの温度のお湯で淹れ、茶葉の甘みと“旨味”を抽出します。二煎目からは、高温のお湯を淹れることで、“苦み”であるカフェインが溶け出し、三煎目になるとカテキンの“渋み”が溶け出し、最終的には“旨味・苦み・渋み”の3つの成分が混ざり合い強い味わいを楽しめます。

その他にも、水出しや「SAKUU茶空」独自の淹れ方である“氷蒸し”など、色々な飲み方を楽しむことができます。

「罪悪感のない唐揚げ定食」950円(税込)

お茶の他にフードメニューも充実。さまざまなメニューの中でとくに人気なのが唐揚げ定食。メインの唐揚げに、副菜が2種、ご飯とお味噌汁、香の物がセットになった「罪悪感のない唐揚げ定食」。

なぜ“罪悪感がない”かというと、茶葉と無農薬の米粉をまぶして揚げられている唐揚げは、繊維質やビタミン・ミネラルが摂れ、とってもヘルシー!パリッとジューシーな食感と、茶葉の風味が口に広がり、ここでしか味わえない味にハマる人も続出中。

「SAKUU茶空」店内では、おしゃれな雑貨が販売されています。壁にインテリアのように飾られているのは“暮らしの道具”。ミニサイズの稲ワラで作られた箒や、茶こしや鍋敷きなど、どこか懐かしくナチュラルなデザインが魅力です。

その他にも、「SAKUU茶空」のために陶芸家さんが制作した湯のみなどなど…、焼物も豊富に揃っています。店内だけではなく、公式HPにはオンラインショップもあるので、お気に入りの一点がきっと見つかります。

イベントごとに様変わり!ギャラリー&イベントスペース「HAUS STUDIO」

「SAKUU茶空」からそのまま繋がっているこちらの空間が、ギャラリー&イベントスペース「HAUS STUDIO(ハウススタジオ)」。名前の由来は、“HA”(茶葉)と“US”(私たち)。アーティストの展示会や、お茶にまつわるイベントを開催しています。

真っ白でシンプルなデザインなので、イベントやアーティストのやりたいイメージを表現しやすく、イベントごとに、いつもガラリと違った雰囲気に仕上がるそう。

取材時には、残念ながらイベントは行われていませんでしたが、8月に行われていたイベントの様子をご紹介します!

こちらの幻想的な空間は、画像加工ではありません…!ピンクのライトと、窓にオーロラフィルムを貼って実際に作られた空間なんです。

この展示会は、イラストレーターJessieさんの初個展「はろーはろー」。色鮮やかでどこか懐かしいレトロなイラストが人気なのですが、そんな作品のイメージに合った世界観が作られ大好評だったそう♩

定期的に個展やイベントが開催されているので、公式HPをチェックしてみてください!

カレー研究家による絶品カレー!おいしい食を届ける「RiCE TRUCK」

庭に出ると、鮮やかなブルーがかわいいフードトラック「RiCE TRUCK(ライストラック)」があります。「Rolln’ with good food」を合言葉に、お腹がすいた人たちへおいしい食を届けるフードトラックなんです。

フードトラックでは、チキンカレーが販売されています。

「基本のチキンカレー」700円(税込)

こちらは、カレー研究家である水野仁輔さん(AIRSPICE)が手がける「基本のチキンカレー」。柔らかな鶏肉がゴロゴロと入っているシンプルなカレーですが、スパイスがしっかりと効いた香り深いカレーです。

「家で好きなカレーを再現できる世界にしたい」という水野さんの想いがあり、こちらのカレーのレシピはなんと公開されています…!店頭にレシピも置いてあるので、自由に持ち帰りお家でもこの味をを楽しむことができます。

イベントによって限定メニューを販売することもあるそうで、こちらも見逃せません!

芝生が敷いてある緑に囲まれた中庭には、椅子やソファーなどを完備。フードトラックで購入したものはもちろん、茶食堂の定食も好きな場所で自由に食べることができます。

渋谷・原宿とは思えないゆったりとした空間で、お茶をはじめおいしいものに出合え、ギャラリーで新しい感性を磨ける「JINNAN HOUSE」。今後もさまざまなイベントを開催する予定なので、是非チェックしてみてください!

■JINNAN HOUSE
住所:東京都渋谷区神南1-2-5
営業時間:11時30分〜22時(日曜〜19時)
定休日:なし

text・photo:守屋美希(vivace)

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●お茶をテーマにした「ホテル1899東京」オープン!お泊りはもちろん、食事やお買い物もお茶づくし
●お茶好きさん、もう行った?何杯飲んでも飽きない新宿の本格中国茶専門店「茶語」
●おいしいお茶が飲みたくて・・・日本茶と器にこだわったギャラリーカフェ

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください